戻る

科 目 名  福祉コミュニティ卒業研究U:伊藤
担 当 者  伊藤 健次/伊藤 健次
開 講 期 集中 履修年次 4 必修選択別

---

単 位 数

4

時 間 数

60

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 「福祉コミュニティ卒業研究U」では、卒業研究Tで積み重ねてきた基礎知識や学問の作法を活かしながら、卒業論文(卒論)を執筆していきます。卒業論文は大学4年間の集大成であり、自ら問題を考えて取りまとめる経験は今後の財産となります。
  指導教員(副指導教員)は、皆さんの進捗に応じて適切な文献を紹介し、フィールドワークの方法や執筆した論文についてアドバイスしながら、論文が完成するように支援します。ただし、あくまでも研究を行い、論文を執筆するのは皆さん自身です。
  卒論を仕上げていく過程では題目届の提出、中間報告があり、提出後には報告会が開催されます。しっかり日程を確認し、計画的に卒論を進めていくようにしましょう。
 
 学士専門力:全ての学士専門力に該当します。
【到達目標】
 (知識・理解)
 研究論文執筆の基本的な手順、情報収集やフィールドワークの方法を理解する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 自分で立てた問いに対して、論理的に答えを導き出していく。
 (態度・志向性)
 計画的かつ積極的に研究に取り組み、研究成果を取りまとめていく。
【授業内容】
 前期
 テーマ提出(5月24日(金))
 中間報告回(7月24日(水))
 
 後期
 ゼミ内提出(11月21日(木))
 提出(12月20日(金)16:30)
 研究報告会(2月12日(水))
 
 上記の期日に沿って、研究を進める。
【教育方法】
 各自で研究を進めることを基本とし、週1回のゼミにおいて進捗状況を報告し、
 ディスカッションを行う。
 必要時は教員にコンタクトを取り、随時個別指導を行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
 卒業論文全体への取組みを勘案し、総合評価を行う。
 (態度・志向性)
 1〜4について、指定の規定に沿って期日までに必要物を提出したうえで、
 研究報告会での発表を行う。
 
 1:テーマ提出
 2:中間報告回
 3:ゼミ内提出
 4:提出
 
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 4年間の集大成です。
 自分の問いを立て、その問いに答えていきましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る