戻る

科 目 名  福祉コミュニティ卒業研究T:高石
担 当 者  高石 啓人
開 講 期 通年 履修年次 3 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

60

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 卒業研究Tは、卒業研究U(卒業論文作成)で必要とされる基礎的な力を身につけることを目的とする。具体的には、文献収集、先行研究の検討、論文の課題設定、分析方法の習得などを目指す。
 学士専門力:すべての学士専門力に該当する
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 自ら設定したテーマに関する基礎的な知識・先行研究を理解することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 先行研究を概観した上で、適切な論文のテーマを設定することができる。
 (態度・志向性)
 他者との議論を重ねていく上で、自身の興味関心を広げることができる。
【授業内容】
 春学期には主に、卒業論文のテーマの決定、研究計画をたてる。そのため、先行研究の収集・検討を行う。秋学期には、研究計画を進めていくうえで必要な調査方法を学ぶ。
 
 春学期
 第1回  第2回  自己紹介、卒業論文のテーマ相談
 第3回  第4回  先行研究の探し方、資料のまとめ方
 第5回  第6回  各自の調べてきた先行研究の発表
 第7回  第8回  各自の調べてきた先行研究の発表
 第9回  第10回 各自の調べてきた先行研究の発表
 第11回 第12回 各自の調べてきた先行研究の発表
 第13回 第14回 研究計画をたてる、研究計画の発表
 第15回 春学期の振り返りと夏休みの課題の確認
 
 秋学期
 第1回  第2回  夏休みの進捗報告、秋学期の授業の進め方の確認
 第3回  第4回  調査方法概要、量的調査(調査設計)
 第5回  第6回  量的調査における分析
 第7回  第8回  質的調査の設計、質的調査(観察法)
 第9回  第10回 質的調査(インタビュー調査)、質的分析
 第11回 第12回 プレ調査実施(量的)、プレ調査実施(質的)
 第13回 第14回 自身のテーマにあった調査方法の選択、調査計画
 第15回 秋学期の振り返りと冬休みの課題の確認
 
【教育方法】
 *基本的には遠隔授業を行う。遠隔授業の際には、Google ClassroomやMeet、Zoomを使用予定である。
 出来る限り同時双方向型の授業を行う。
 
 ・ゼミは基本的に、調べてきた内容を発表・議論する場である。発表のための準備は、ゼミ時間外に学生が自ら行う必要がある。
 ・本人の興味関心にあわせて研究テーマを決定する。学生自身の考えを深めることが重要なため、「なぜ?」という問いかけをよく行う。
 ・基本的に発表と議論を通して進める。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 自身が設定したテーマの基礎的な知識・先行研究を理解しているかを評価する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 先行研究を概観した上で、適切なテーマ設定となっているかを評価する。
 (態度・志向性)
 他者との議論を深めていく上で、自身の興味関心が広がったかを評価する。
【必携図書】
 指定しない。
【参考図書】
 指定しない。学生の興味関心に沿って勧める。
【履修上の注意】
 自身の興味関心がある授業は履修しておくこと。その上で、卒業論文のテーマを考えておくこと。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 自分の興味関心というのは、突き詰めていくとよく分からなくなってくると思います。どんな場面でも、自身で考える姿勢を持ってほしいと思います。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る