戻る

科 目 名  福祉コミュニティ卒業研究T:前川
担 当 者  前川 有希子
開 講 期 通年 履修年次 3 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

60

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 「卒業研究」は、各自の研究テーマを卒業論文へと発展させるために少人数で行う授業(ゼミナール:ゼミ)です。学生が中心となって活動していくことになります。3年次の「卒業研究T」では、卒業研究として取り組むテーマと「問い」を見つけることを目標にします。自ら問いを作る点が、これまでの学修とは大きく異なります。
 「問いは真空から生まれない」という言葉があります。良い問いを作るには、自分の興味に合致するテーマを探し出し、その分野でどのような問いにどのような答えが出されており、どのような問いに答えが出ていないのかを知る必要があります。それを知るためには、文献を読みこなすことも必要です。
 さらに、自ら主体的に活動し、友人とも問いを共有し、議論を重ねていくことも大切です。
 
 学士専門力:全ての学士専門力に該当します。
 
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 基本的な学問の作法を理解する。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 自分が関心を有するテーマの基本文献を読む。文献の検索を行い、参考文献を探す。
 
 (態度・志向性)
 試行錯誤しつつ、自分の興味を探り当てる。友人と積極的に議論する。
【授業内容】
 ・前期
 1. 研究とは何かを知る
 2. 研究課題を絞り込むために文献検索を行い、抄読する
 3. 4年生の中間発表に参加する
 
 ・後期
 1.研究課題(テーマ)と研究方法を決定する
 2.研究計画書を作成する
 3.研究計画による研究を進めていく
 
【教育方法】
 興味関心のある課題に自主的に向き合い、課題を明確にする
 ゼミ活動を通じて、ゼミ生同士意見交換や論文抄読を行う
 課題を追及する姿勢を習得する
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 先行研究から、自分の問いを導きだす力 30%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 自分の考え、疑問をまとめる力 30%
 (態度・志向性)
 ゼミ、研究に対する真摯な姿勢と研究テーマを探求する態度 40%
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 課題、提出物には丁寧に取り組み、提出期限を厳守すること
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 より多くの文献や論文を読み、自分の意見や疑問を積極的に発言すること。
 仲間の意見をじっくり傾聴し、お互いを磨きあう姿勢を期待します。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る