戻る

科 目 名  福祉コミュニティ卒業研究T:高木
担 当 者  高木 寛之/高木 寛之
開 講 期 通年 履修年次 3 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

60

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  「卒業研究」は、各自の研究テーマを卒業論文へと発展させるために少人数で行う授業(ゼミナール:ゼミ)です。学生が中心となって活動していくことになります。3年次の「卒業研究T」では、卒業研究として取り組むテーマと「問い」を見つけることを目標にします。自ら問いを作る点が、これまでの学修とは大きく異なります。
  「問いは真空から生まれない」という言葉があります。良い問いを作るには、自分の興味に合致するテーマを探し出し、その分野でどのような問いにどのような答えが出されており、どのような問いに答えが出ていないのかを知る必要があります。それを知るためには、文献を読みこなすことも必要です。
  さらに、自ら主体的に活動し、友人とも問いを共有し、議論を重ねていくことも大切です。
 
 学士専門力:全ての学士専門力に該当します。
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 基本的な学問の作法を理解する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 自分が関心を有するテーマの基本文献を読む。文献の検索を行い、参考文献を探す。
 (態度・志向性)
 試行錯誤しつつ、自分の興味を探り当てる。友人と積極的に議論する。
【授業内容】
 ≪前期≫
 第1回  所属ゼミの決定
 第2回  自己紹介、ゼミの進め方の確認
 第3回  地域福祉実践に必要な視点の確認
 第4回  地域福祉実践に必要な技術の確認
 第5回  地域福祉実践に必要な価値の確認
 第6回  3-4年生合同ゼミ(卒論中間報告会リハーサル)
 第7回  地域福祉実践見学のための準備
 第8回  地域福祉実践見学のための準備
 第9回  地域福祉実践の見学
 第10回  地域福祉実践への介入ための準備
 第12回 地域福祉実践への介入ための準備
 第13回 地域福祉実践への介入
 第14回 地域福祉実践への介入の振り返り
 第15回  自身の研究テーマのアイデア出し
 
 ≪後期≫
 第1回  ゼミの進め方の確認
 第2回  論文テーマのアイデア出し
 第3回  論文テーマの修正
 第4回  先行研究の検討
 第5回  研究目的の修正
 第6回  先行研究の報告@
 第7回  先行研究の報告A
 第8回  先行研究の報告B
 第9回  研究方法・調査方法の検討
 第10回  研究スケジュールの確認
 第12回  調査対象の検討
 第13回  調査項目の報告
 第14回 調査項目の修正
 第15回 3-4年生合同ゼミ(卒論報告会リハーサル)
 
 【時間外の学修】
 講義時間は、限られているため時間が利用して、自身の報告内容をまとめてくること。自身が報告をする授業回は、そこで何をしたいのかを考えてくることが求められる。
【教育方法】
 実践現場の見学、実践介入を通して、学内外で地域福祉について学びます。実際に職員・住民向けの研修に参加したり、研究企画、資料の作成、データの分析を通して、自身の学びを実践現場に還元します。また、研究で深めていきたい「問い」を見つけます。
 研究では、文献研究の結果の報告を通して、学生間での対話を中心に学びを深めます。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 県内外の研修への参加、対話の時間を確保することで専門職から学ぶ機会を設けます。
【評価方法】
 (知識・理解)
 30%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 30%
 (態度・志向性)
 40%
【必携図書】
 ゼミの中で、受講生の関心に合わせて決定します。
【参考図書】
 ゼミの中で、受講生の関心に合わせて決定します。
【履修上の注意】
 高木ゼミでは地域を基盤として広く福祉“の”福祉“で”まちづくりをするためにはどのようなことが求められているかを理論と実践を通して学びます。また、卒業研究では、調査活動を必須としています。ゼミ所属を決定する際には、よく教員と話し合ってください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 卒業研究は、将来の自分の考え方や物事に対する姿勢を作る基礎となる大切な時間です。自分は、どのような自分になりたいのか、ゼミを通してどの事を学びたいのか、自分を伸ばしたいのか。一緒に考えていきましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る