戻る

科 目 名  福祉コミュニティ卒業研究T:大津
担 当 者  大津 雅之/大津 雅之
開 講 期 通年 履修年次 3 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

60

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  「卒業研究」は、各自の研究テーマを卒業論文へと発展させるために少人数で行う授業(ゼミナール:ゼ ミ)です。学生が中心となって活動していくことになります。3年次の「卒業研究T」では、卒業研究とし て取り組むテーマと「問い」を見つけることを目標にします。自ら問いを作る点が、これまでの学修とは大 きく異なります。 「問いは真空から生まれない」という言葉があります。良い問いを作るには、自分の興味に合致するテー マを探し出し、その分野でどのような問いにどのような答えが出されており、どのような問いに答えが出て いないのかを知る必要があります。それを知るためには、文献を読みこなすことも必要です。 さらに、自ら主体的に活動し、友人とも問いを共有し、議論を重ねていくことも大切です。
 
 学士専門力:全ての学士専門力に該当します。
【到達目標】
 (知識・理解)
  基本的な学問の作法を理解する
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  自分が関心を有するテーマの基本文献を読む。文献の検索を行い、参考文献を探す。
 (態度・志向性)
  試行錯誤しつつ、自分の興味を探り当てる。友人と積極的に議論する。
【授業内容】
 <前期>
 第1回 所属ゼミの決定、自己紹介、ゼミの進め方についての相談
 第2回 白井利明・高橋一郎 著 (2008)『よくわかる 卒論の書き方』ミネルヴァ書房 輪読@
 第3回 白井利明・高橋一郎 著 (2008)『よくわかる 卒論の書き方』ミネルヴァ書房 輪読A
 第4回 白井利明・高橋一郎 著 (2008)『よくわかる 卒論の書き方』ミネルヴァ書房 輪読B
 第5回 白井利明・高橋一郎 著 (2008)『よくわかる 卒論の書き方』ミネルヴァ書房 輪読C
 第6回 白井利明・高橋一郎 著 (2008)『よくわかる 卒論の書き方』ミネルヴァ書房 輪読D
 第7回 白井利明・高橋一郎 著 (2008)『よくわかる 卒論の書き方』ミネルヴァ書房 輪読E
 第8回 白井利明・高橋一郎 著 (2008)『よくわかる 卒論の書き方』ミネルヴァ書房 輪読F
 第9回 白井利明・高橋一郎 著 (2008)『よくわかる 卒論の書き方』ミネルヴァ書房 輪読G
 第10回 白井利明・高橋一郎 著 (2008)『よくわかる 卒論の書き方』ミネルヴァ書房 輪読H
 第11回 白井利明・高橋一郎 著 (2008)『よくわかる 卒論の書き方』ミネルヴァ書房 輪読I
 第12回 卒論テーマ設定@ SW実習と卒論との関係性
 第13回 卒論テーマ設定A 就活と卒論との関係性
 第14回 卒論テーマ設定B 国試と卒論との関係性
 第15回 卒論研究計画書の作り方
 
 <後期>
 第1回 SW実習と卒論との関係性再確認
 第2回 卒論レジュメ発表 @
 第3回 卒論レジュメ発表 A
 第4回 卒論レジュメ発表 B
 第5回 卒論レジュメ発表 C
 第6回 卒論レジュメ発表 D
 第7回 卒論レジュメ発表 E
 第8回 卒論レジュメ発表 F
 第9回 卒論レジュメ発表 G
 第10回 卒論レジュメ発表 H
 第11回 卒論レジュメ発表 I
 第12回 卒論研究計画書の修正@
 第13回 卒論研究計画書の修正A
 第14回 卒論レジュメ発表 J
 第15回 4年生時の卒論作成に向けて
 
 【授業外の学修】
 必携図書である白井利明・高橋一郎 著 (2008)『よくわかる 卒論の書き方』ミネルヴァ書房を半期の間にすべて通読するようにしてください。卒論やゼミは当該図書の幹の部分で展開されますので、各自で時間を定め、最低でも1回は読破するようにしてください。
【教育方法】
 3年次は、
 
 @文献研究を柱としながら、関心あるテーマの先行研究(文献)を収集し、テーマを絞り込んでいく。
 Aテーマを絞り込みながら、研究デザインを考える。
 B卒論の構成を考え、目次にしていく。
 C「目次の順番」ではなく、(着手しやすそうな)「目次の項目」ごとに短い文章を書いていく。
 DCの作業で作成した短い文章の塊を並べ替えを行いながら、論文の構成を築いていく。
 
 【教育方法】
 調査の技術や論文の書き方等について研究デザインによって差異が生じた場合は、個別に指導します。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 知的障害者入所施設等の福祉現場に従事した経験や日頃山梨県内の福祉実践者の方々との交流等か得られているものも含めながらアンケート調査やインタビュー調査の方法を指導します。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 平常点50%、卒論レジュメ発表50%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 平常点50%、卒論レジュメ発表50%
 (態度・志向性)
 平常点50%、卒論レジュメ発表50%
【必携図書】
 白井利明・高橋一郎 著 (2008)『よくわかる 卒論の書き方』ミネルヴァ書房
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 ・ゼミの所属を決定する際には、担当教員としっかり話し合ってください。
 ・少人数でもゼミを継続できる方を重視します。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 卒論・就活・国試にバランスよく挑んでください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る