戻る

科 目 名  福祉コミュニティ卒業研究T:柳田
担 当 者  柳田 正明/柳田 正明
開 講 期 通年 履修年次 3 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

60

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  「卒業論文」のテーマは真に自分の関心にあったものを選択しなければ研究の魅力を感じることができなく、完成まで価値ある時間を過ごすことが難しくなります。それでもいく度かの研究テーマの変更は可能ですが、できるだけ早期にしっかり取り組めるものを見つけることが大切です。
  3年次の本科目は、研究テーマを探すことを目的とし、少人数(ゼミ形式)で行います。具体的には、自分が関心のあるテーマに関わる文献を収集し、報告することを繰り返すことからはじめ、自分のペースで自分が深めるべきテーマを後期中につかむことになります。
【到達目標】
 (知識・理解)
 基本的な研究の方法を理解する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 文献検索を行い、参考文献を探す。自分が関心を有するテーマの基本的文献を読む。
 (態度・志向性)
 試行錯誤をしつつ、自分の興味を探り当てる。ゼミ生と積極的に議論する。
【授業内容】
 <前期>
  第1、2回 オリエンテーション、自己紹介、ゼミ選択相談
  第3回 上級生との交流、卒論の書き方
  第4回 より高度な文献検索の実際(図書館ラーニングコモンズにて)
  第5回から第15回まで 文献収集の報告
 <後期>
  第1回 文献収集と報告
  第2回から第5回 テーマの確定と研究の方法の検討
  第6回から第8回 研究計画の試作
  第9回から第15回 予備調査の実施
   
【教育方法】
 全体のシラバスと同様。
【評価方法】
 (知識・理解)
 全体のシラバスと同様。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 全体のシラバスと同様。
 (態度・志向性)
 全体のシラバスと同様。
【必携図書】
 全体のシラバスと同様。
【参考図書】
 全体のシラバスと同様。
【履修上の注意】
 全体のシラバスと同様。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ゼミ選択時配布された資料を参照。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る