戻る

科 目 名  精神保健福祉援助実習V
担 当 者  山中 達也/大塚 ゆかり
開 講 期 集中 履修年次 4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

90

授業形式

実習

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 1.精神保健福祉援助実習を通して、精神保健福祉援助並びに障害者等の相談援助に係る専門的知識と技術について具体的かつ実際的に理解し実践的な技術等を体得する。
 2.精神保健福祉援助実習を通して、精神障害者のおかれている現状を理解し、その生活実態や生活上の課題について把握する。
 3.精神保健福祉士として求められる資質、技能、倫理、自己に求められる課題把握等、総合的に対応できる能力を習得する。
 4.総合的かつ包括的な地域生活支援と関連分野の専門職との連携のあり方及びその具体的内容を実践的に理解する。
 
  学士専門力:「知識理解力」「実践力・問題解決力」「人間関係形成力」「思考・技能」
        「共感的理解力」「地域貢献力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・精神保健福祉援助実習の意義について説明できる。
 (態度・志向性)
 ・精神保健福祉援助に係る専門的知識と技術について理解し、実践的な技術等を体得することができる。
 ・精神保健福祉士に求められる資質、技能、倫理、自己に求められる課題把握等総合的に対応することができる。
 
【授業内容】
 1.入院時の患者及び家族、急性期の患者及び家族への相談援助
 2.退院及び地域移行・地域支援に向けた患者及び家族への相談援助
 3.治療中の患者及び家族への相談援助
 4.日常生活や社会生活上の問題に関する患者及び家族への相談援助
 5.地域の関係機関等との連携を通じた援助
 6.利用者や関係者、関係機関、住民、ボランティア等との基本的コミュニケーション
 7.利用者等とのかかわり方や円滑な人間関係の形成
 8.利用者理解とその需要の把握及び支援計画の作成
 9.利用者や関係者との支援関係の形成
 10.利用者や関係者への権利擁護及び支援とその評価
 11.多職種連携をはじめとするチームアプローチ
 12.精神保健福祉士としての職業倫理と法的義務の理解
 13.施設・機関等の就業に関する規定、組織の役割、責任理解
 14.施設・機関等の経営、サービスの管理運営の実際
 15.アウトリーチ、ネットワーキング、社会資源の活用・調整・開発に関する理解
 
 【授業外の学修】
 精神保健福祉士実習に関連する文献や資料等を読んでおくこと。
 
【教育方法】
 ・実習・巡回指導
 
 【担当教員の資格・教育方法】
 精神保健福祉士
 ソーシャルワーカーとしての実務経験を活かして、当該科目の理論や演習等と統合させながら教育します。
【評価方法】
 (知識・理解)
 実習記録(50%)
 (態度・志向性)
 実習先、実習生自身、教員による評価(50%)
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 ・精神保健福祉士国家試験受験資格取得の指定科目。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る