戻る

科 目 名  精神保健福祉援助実習指導V
担 当 者  山中 達也/大塚 ゆかり/坂本 玲子/藤谷 秀
開 講 期 後期 履修年次 4 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 1.精神保健福祉実習における具体的な体験や援助活動を、専門的知識及び技術として概念化し、理論化し体系立てていくことができる能力を涵養する。
 
  学士専門力:「知識理解力」「思考・技能」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・精神保健福祉実習における具体的な体験や援助活動を、専門的知識及び技術として概念化し、理論化し体系立てていくことができる。
 (態度・志向性)
 ・精神保健福祉援助に係る知識と技術について理解し、精神保健福祉士として求められる資質、技能、倫理、自己に求められる能力を実践に活かすことができる。
 
【授業内容】
 1.実習体験や実習記録をふまえた課題整理@
 2.実習体験や実習記録をふまえた課題整理A
 3.実習体験報告@(グループスーパービジョン)
 4.実習体験報告A(グループスーパービジョン)
 5.実習体験報告B(グループスーパービジョン)
 6.実習体験報告C(グループスーパービジョン)
 7.実習体験報告D(グループスーパービジョン)
 8.実習報告書の作成@(併行して個別スーパービジョン)
 9.実習報告書の作成A(併行して個別スーパービジョン)
 10.実習報告書の作成B(併行して個別スーパービジョン)
 11.実習報告書の作成C(併行して個別スーパービジョン)
 12.実習報告書の作成D(併行して個別スーパービジョン)
 13.実習報告会の企画・準備
 14.実習報告会の開催
 15.精神保健福祉援助実習総括
 
 【授業外の学修】
 精神保健福祉関連の講演会、研修会、ボランティア活動や行事等に可能な限り参加すること。
 
【教育方法】
 1.精神保健福祉援助実習のふりかえりと実習報告を中心としながら個別指導及び集団指導を行います。
 2.テーマ別グループによるプレゼンテーションやペア、グループ、全体でのディスカッション等、様々な意見や表現方法に触れられるように工夫します。
 
 【担当教員の資格・教育方法】
 精神保健福祉士
 ソーシャルワーカーとしての実務経験を活かして、当該科目の理論や演習等と統合させながら教育します。
【評価方法】
 (知識・理解)
 授業参加姿勢(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 リアクションペーパー(20%)
 (態度・志向性)
 発表・発言・報告(40%)
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 ・精神保健福祉士国家試験受験資格取得の指定科目。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る