戻る

科 目 名  精神保健福祉の理論と相談援助の展開U
担 当 者  有野 哲章
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 精神障害者のための支援について、その基礎と実践を学ぶ。まず、精神保健福祉の歴史を整理しながら、精神保健福祉士の大切な概念である「リカバリー」について考えていく。そして精神医学や障害者福祉学の基本的知識を応用しながら、相談援助(支援)のプロセス・面接技法、およびグループワークやソーシャルアクションの進め方について学ぶことを目的にする。
 精神障碍者に対する個別支援、グループワークの過程と用いられる援助ギルト学び、コミュニティーワークやソーシャルアクションを理解することにより、保健・医療・福祉の包括的支援の意義を考えていく。
 この講義では、精神保健福祉士として実践業務で行う専門的な理論と実践を身に着けることを目的にする。
 
 学士専門力:「知識・理解」「思考・技能・実践」「態度・志向性」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 精神障害の理解、医学モデルと社会モデルの知識、相談援助についての技法の知識を
 説明することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 上記(知識・理解)を実践現場で活用できる思考と技能を身に着ける。
 (態度・志向性)
 専門職としての専門性(知識・価値・技術)の取得を心掛ける。ただし専門職の土台
 として、人間性や社会性の礎を大切に築いて欲しい。自ら学ぼうとする態度、精神保
 健福祉を通じて、これからの社会を展望できる志向性を認識できる。
 
【授業内容】
 1 障害者福祉の理念と精神障害者
 2 精神障害者の人権
 3 精神障害および精神障害者
 4 精神保健福祉の歴史と理念
 5 ソーシャルワークの展開過程(インテーク・契約・アセスメント)
 6 個別支援計画の策定と評価
 7 個別支援@ インテーク面接
 8 個別支援A アセスメント
 9 個別支援B 個別支援計画の作成
 10 グループを活用した支援@ 〜ファシリテーションスキル〜
 11 グループを活用した支援A 〜ファシリテーションスキル〜
 12 グループを活用した支援B 〜SST・WRAPなど〜
 13 地域を対象とした支援@ ~ケアマネジメントについて〜
 14 地域を対象とした支援A 〜精神障害にも対応した地域包括ケアシステム〜
 15 まとめ
 
 【授業外の学修】
 ・第10回の授業時に示すテーマについて、課題レポート(1,200字以上)を提出すること
 
【教育方法】
 ・パワーポイントやDVD映像を用いて講義形式で進める。
 ・参加型・体験型学習をとおし、自発的に考える授業形態をとる。
 ・毎回コメント表を配布し、履修者から寄せられた質問や意見を次の授業で紹介する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験で確認する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 毎回のリアクションペーパー(50%) 課題レポート(50%)
 (態度・志向性)
 日頃の授業態度、授業中の意見で確認する。
【必携図書】
 特に必要ありません。
【参考図書】
 精神保健福祉の理論と相談援助の展開T(へるす出版)
【履修上の注意】
 精神保健福祉士受験資格取得の指定科目である。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 精神保健福祉の現場で専門職として働くことは、非常に楽しくやりがいがあります。
  実践者として今も働く私としては、実践現場を通じて学問的な理解が深められるように学生に伝えていきたいと考えています。社会が複雑になり、多様性を求められる現場では、社会から求められ、社会に期待される専門家になっていくための礎になることを願います。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る