戻る

科 目 名  精神保健福祉援助演習T
担 当 者  山中 達也
開 講 期 前期 履修年次 4 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 1.精神保健福祉援助の知識と技術に係る他の科目との関連性も視野に入れつつ、精神障害者の生活や生活上の困難について把握し、精神保健福祉士に求められる相談援助に係る基礎的な知識と技術について、実践的に習得する。
 2.専門的援助技術として概念化し理論化し体系立てていくことができる能力を体得する。
 
  学士専門力:「知識理解力」「実践力・問題解決力」「人間関係形成力」「思考・技能」
        「共感的理解力」「地域貢献力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 (思考・判断・表現)
 ・精神保健福祉士に求められる相談援助の基礎的な知識と技術について理解し、実践することができる。
【授業内容】
 1・2 個別援助@インテーク(受理面接)、契約
 3・3 個別援助Aアセスメント(課題分析)、プランニング(支援の計画)
 5・6 個別援助B支援の実施、モニタリング(経過観察)
 7・8 個別援助C効果測定と支援の評価、終結とアフターケア
 9・10 集団援助場面(受診勧奨、家族調整、役割調整等)
 11・12 集団援助場面(家族教室、当事者の会等)
 13・14 相談援助事例 地域における精神保健@(自殺、ひきこもり、児童虐待等)
 15   相談援助事例 地域における精神保健A(薬物・アルコール依存等)
 
 【授業外の学修】
 精神保健福祉関連の講演会、研修会、ボランティア活動や行事等に参加すること。
 
【教育方法】
 1.総合的かつ包括的な相談援助、医療と協働・連携する相談援助に係る具体的な相談援助事例を体系
  的にとりあげます。
 2.個人指導並びに集団指導を通して、具体的な援助場面を想定した実技指導(ロールプレーイング等)
  を中心にした演習を行います。
 
 【担当教員の資格・教育方法】
 ◯社会福祉士・精神保健福祉士
 ソーシャルワーカーとしての実務経験を活かして、当該科目の理論や演習等と統合させながら教育します。
【評価方法】
 (知識・理解)
 発表・発言(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 リアクションペーパー(30%)
 (態度・志向性)
 演習参加姿勢(40%)
【必携図書】
 指定しない
【参考図書】
  ・必要に応じて授業の中で随時紹介します。
【履修上の注意】
 ・精神保健福祉士国家試験受験資格取得の指定科目。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 今年度も「精神保健福祉援助演習T」を担当する山中達也(精神保健福祉士・社会福祉士)です。これまで精神保健福祉センターや児童相談所、社会福祉協議会等においてソーシャルワーカーとしての実践を積み重ねてきました。
                                                この演習はみなさんと一緒に考え、双方向対話型で話し合い、体験するスタイルで行います。さらに将来対人援助専門職者をめざすみなさんに、実習はもちろん現場実践で生かすことができる内容を展開したいと考えています。
 
 みなさんと一緒に学び、ともに創る時間を楽しみにしています。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る