戻る

科 目 名  精神保健福祉の理論と相談援助の展開W
担 当 者  大塚 ゆかり
開 講 期 前期 履修年次 4 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 地域リハビリテーションの構成と社会資源の活用及びケアマネジメント、コミュニティワークの実際について理解する。
 地域生活支援について包括的な意義と展開について理解する。
 社会福祉分野での起業について、理解し社会資源開発等について理解する。
【到達目標】
 (知識・理解)
 地域リハビリテーションにおける支援方法および実際について活用できる。
 地域福祉について理解し、精神保健福祉分野を中心とし総合的に理解する。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 精神保健福祉士の専門性を活用し事例見当ができる。
 当事者を中心としたピアカウンセリングやSSTなどの実践ができるようになる。
 (態度・志向性)
 学生同士のディスカッションや授業での技能獲得には積極的に参加することができる。
【授業内容】
 1)地域リハビリテーションの構成
 2)地域リハビリテーションにおける社会資源
 3)地域を基盤としたリハビリテーションの考え方
 4)精神障害者のケアマネジメント―基本的考え方
 5)精神障害者のケアマネジメントの展開
 6)地域を基盤とした支援
 7)地域精神保健福祉活動の意義
 8)地域制市保健福祉活動の展開
 9)ACTモデルについて
 10)ACTモデルを活用した事例の検討
 11)山梨県の精神保健福祉の実際
 12)山梨県の精神保健福祉の社会資源
 13)山梨県の地域精神保健福祉活動
 14)まとめ
 15)精神保健福祉の理論と相談援助の展開(T〜W)のまとめ
 
 <授業外学修>
 地域での行政等を含めた社会資源を見学等する。
 
【教育方法】
 <実務家教員による教育方法>
 精神保健福祉士
 事例や精神保健福祉士などの外部講師による講義を取り入れながら、実際の現場からも学ぶ機会を設ける
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポート(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業での技能・実践(40%)、
 (態度・志向性)
 リアクションペーパー(10%)、
 技能・実践(30%)
【必携図書】
 授業時に紹介
【参考図書】
 授業時に紹介
【履修上の注意】
 精神保健福祉の理論と相談援助の展開T〜Vを履修していることが望ましい
 精神保健福祉士課程では必修科目
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る