戻る

科 目 名  精神保健福祉の理論と相談援助の展開V
担 当 者  山中 達也
開 講 期 後期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 1.精神保健福祉に関する制度とサービスについて理解する。
 2.精神障害を有する方および家族等に対する相談援助活動について理解する。
 3.精神保健福祉士としての価値・理論・技術について学び、その専門性や機能、役割を理解する。
 4.精神保健福祉に関する歴史を理解し、現在の精神保健福祉に関する課題等を深める。
 
  学士専門力:「知識理解力」「思考・技能」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・精神保健福祉士の専門性について理解し、自分の言葉で述べることができる。
 ・精神障害を有する方の支援に関する制度および福祉サービスの知識と支援内容について説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・精神障害を有する方に対して適切な情報をわかりやすい言葉で説明できる。
 (態度・志向性)
 ・地域生活支援にかかわる関連施策とその実践を学び、自分の考えや意見を表現することができる。
【授業内容】
 1.オリエンテーション・わかちあい
 2.精神保健福祉相談援助活動@人を援助するということの意味
 3.精神保健福祉相談援助活動A相談援助実践と構成要素
 4.精神保健福祉士の専門職性
 5.相談援助活動の展開@面接技術・技法
 6.相談援助活動の展開A事例をとおして考える
 7.相談援助活動の展開B家族支援の方法
 8.集団・個別支援の実際
 9.事例による相談援助活動@危機介入
 10.事例による相談援助活動A居住支援
 11.スーパービジョン@意義と役割
 12.スーパービジョンA会話記録
 13.コンサルテーション
 14.ケアマネジメントの理論と実践
 15.まとめ 精神保健福祉の課題
 
 【授業外の学修】
 授業後にはレポート(リアクションペーパー)を提出すること。
 精神保健福祉関連の講演会、研修会、ボランティア活動や行事等に可能な限り参加すること。
 
【教育方法】
 1・双方向対話型講義や視聴覚教材等を用いながらみなさんとともに授業を作り上げていきます。
 2.毎回リアクションペーパー記入をお願い、翌週にコメントを記入してお返しします。
 3.みなさんから寄せられた疑問や質問、に対しては、可能な限り次回のセッションで一緒に考えたり、ディスカッションの素材に活用したりします。
 4.プレゼンテーションやペア、グループ、全体での話し合い、ロールプレイ等の実践的な方法を体験できるるように工夫します。
 5.外部講師をお招きし現場での学びや当事者の声を活かした授業を行います。
 6.学外の研修会や講演会、関係機関におけるボランティア情報等をお伝えします。
 7.学生が主体的に企画、実践できる場面の創造に協力したいと思います。(参考:平成29年度は山梨ダルクデイケアセンターメンバーとの「スポーツ交流会」を実施しました)
 
 【担当教員の資格・教育方法】
 ◯社会福祉士・精神保健福祉士
 ソーシャルワーカーとしての実務経験を活かして、当該科目の理論や演習等と統合させながら教育します。
【評価方法】
 (知識・理解)
 発言・発表、学期末試験(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 リアクションペーパー(20%)、
 (態度・志向性)
 授業の参加姿勢(40%)、課題プレゼンテーション(10%)
【必携図書】
 指定しない
【参考図書】
 ・日本精神保健福祉士養成校協会編『新・精神保健福祉士養成講座5精神保健福祉の理論と相談援助の展
  開U第2版』(中央法規、2015年、2916円)
 ・精神保健福祉白書編集委員会『精神保健医療福祉白書2018年版』(中央法規出版、2016年、2808円)
 ・窪田暁子『福祉援助の臨床 共感する他者として』(誠信書房、2013年、2052円)
 ・山田ズーニー『おとなの小論文教室』(河出書房新社、2006年、1404円)
 ・村田久行『改訂増補 ケアの思想と対人援助』(川島書店 、2000年、2484円)
 ・その他、授業の中で随時紹介します。
【履修上の注意】
 ・精神保健福祉士受験資格取得の指定科目です。
 ・できれば「精神保健福祉の理論と相談援助の展開T・U」を履修していることが望ましい。ただし受講を希望する学生は相談の上できるだけ受け入れたいと思っています。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 今年度も「精神保健福祉の理論と相談援助の展開V」を担当する山中達也(精神保健福祉士・社会福祉士)です。これまで精神保健福祉センターや児童相談所、社会福祉協議会等においてソーシャルワーカーとしての実践を積み重ねてきました。
                                             この授業ではみなさんと一緒に考え、話し合う双方向対話型の授業を行います。さらに将来対人援助専門職者をめざすみなさんに、現場実践で生かすことができる内容を展開したいと考えています。
 
 精神保健福祉士課程の学生はもちろん、社会福祉士、介護福祉士等、「人を援助すること」に関心のあるみなさんの積極的な参加を期待します。
 
 みなさんと一緒に学びながら、ともに授業を創る時間を楽しみにしています。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る