戻る

科 目 名  精神障害者の生活支援システム
担 当 者  大塚 ゆかり
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

PSW必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 「精神障害とは何か?」「支援と援助の違いは何か?」「生活を支えるために必要なシステムは何か?」といった具体的な問いから、ソーシャルワーカーとしての大切な視座を考察し、ソーシャルワーカーとしての価値観や土台作りを行うことを目的にする。相談・居住・就労などさまざまな制度施策をただ知識として理解するだけではなく、その制度や施策をソーシャルワーク実践に生かし、逆に新しい制度・施策を生み出していくような視点を育めるように伝えていく。
 
 学士専門力:「知識理解力」「指向・技能」「態度・志向性」
 
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 制度や施策をただ理解することが目的ではない。精神障害者の生きづらさを理解すること、ご本人が希望する生活が実現できるよう、ソーシャルワーカーとして必要な知識を説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 行政・医療・民間などどのような立場であっても、精神障害者の支援をするうえでリカバリー思考が礎となる。必要でないサービスをする必要はなく、必要以上のサービスをする必要もない。必要なサービスをマネージメントできる工夫を実践できる。
 (態度・志向性)
 医学モデルに基づく専門職主導型の生活支援は、本来的な意味で生活支援と言い難く、社会モデルに基づく本人中心、本人主導の自立の概念についての志向性を強く認識できる。
【授業内容】
 @ ガイダンス:オリエンテーション 
 A 精神障害の概念・構造の理解。 
 B 精神保健福祉に関する制度とサービス 
 C 精神障害者の制度施策の歴史的変遷 精神保健福祉法の変遷と障害者総合支援法の成り立ち
 D 精神障害者の地域移行支援@ 長期入院する背景と要因
 E 精神障害者の地域移行支援A 地域移行するためのシステムについての考察と課題
 F 精神障害者の居住支援@ 居住支援を支える制度的背景
 G 精神障害者の居住支援A 居住支援をする際の課題
 H 精神障害者の就労支援 障害者にとっての「働く」とは。
 I 精神障害者の相談支援@ 相談支援の理論と実践
 J 精神障害者の相談支援A 相談支援の制度と活用方法
 K 行政における相談援助 保健所・市町村などの相談業務について。
 L 精神障害者の当事者支援 
 M 精神障害者の生活と権利 
 N まとめ 
 
 <授業外学修>
 フィールドにて経験をすることやテーマに沿って調べる
【教育方法】
 ・パワーポイントやDVD映像を用いて講義形式で進める。
 ・毎回コメント票を配布。履修者から寄せられた質問や意見を次回の授業で紹介し、意見交換を行う。
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポート(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 毎回のリアクションペーパー(30%)
 課題レポート(30%)
 (態度・志向性)
 参加度(10%)
【必携図書】
 特になし。
【参考図書】
 新版・精神保健福祉士養成セミナー6 新版・精神保健福祉士養成セミナー編集委員会『精神障害者の生活支援 制度・システムとサービス』(へるす出版 2017年 3,564円)
【履修上の注意】
 精神保健福祉士資格取得のための必須科目。
 参加型の授業です。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 こんな世の中になって欲しいとあなたが願う世の中に、あなた自身が変わっていかなくてはならない。」
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る