戻る

科 目 名  精神保健福祉に関する制度とサービスU
担 当 者  大塚 ゆかり
開 講 期 後期 履修年次 2 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 精神保健福祉に関する制度とサービスについて理解する。
 精神保健福祉に関係する法律等を理解し、精神保健福祉士の役割について理解する。
 精神保健福祉士の働く、多様な現場について理解し、深める。
 社会に働きかける社会福祉の専門職として、多職種との連携やチームアプローチを活用したかかわりについて理解する。
【到達目標】
 (知識・理解)
 精神保健福祉に関する法律、制度、サービスについて説明できる。
 精神保健福祉士の専門性について理解し、説明できる。
 社会保障制度や更生保護制度と医療観察法について理解する。
 社会資源の調整・開発にかかわる社会調査の概要と活用について基礎的な知識を説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 「精神保健福祉士とは何か」わかりやすい言葉で説明できる。
 精神保健福祉の視点にたちレポートや授業内で自分の意見をいうことができる。
 (態度・志向性)
 ゲスト講師やディスカッションでは積極的に質問や意見をかわすことができる。
【授業内容】
 1)オリエンテーション
 2)精神保健福祉に関する制度とサービス1の振り返り
 3)更生保護制度の概要とその担い手
 4)更生保護制度と精神障害者福祉との関係
 5)司法・医療・福祉の連携
 6)保護観察所の役割と実際
 7)医療観察法の概要
 8)社会復帰調整官の役割と実際
 9)医療観察法における精神保健福祉士の専門性と役割(精神保健参与員について)
 10)入院者・通院者に関する処遇
 11)社会調査の意義と目的
 12)社会調査の対象
 13)社会調査における倫理
 14)社会調査の方法と活用
 15)まとめ
 
 <授業外学修>
 ボランティア活動や事前に資料を調べ、参加する
 
【教育方法】
 <実務家教員等による教育方法>
 精神保健福祉士及び精神疾患経験者によるゲスト講師
 事例や精神保健福祉士等の実際の話を通して学ぶ時間を設け
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポート(50%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 リアクションペーパー(30%)、
 (態度・志向性)
 参加度(20%)、
【必携図書】
 授業時に紹介
【参考図書】
 授業時に紹介
【履修上の注意】
 精神保健福祉に関する制度とサービスTを履修していることが望ましい
 精神保健福祉士課程では必修授業
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る