戻る

科 目 名  精神保健福祉に関する制度とサービスT
担 当 者  大塚 ゆかり
開 講 期 前期 履修年次 2 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 精神保健福祉に関する制度とサービスについて理解する。
 精神保健福祉に関する歴史を理解し、現在の精神保健福祉に関する課題等を深める。
 精神保健福祉士としての価値・理論・技術について学び、精神保健福祉士の専門性や機能、役割について理解する。
【到達目標】
 (知識・理解)
 (知識・理解)
 精神障害者の支援に関する制度および福祉サービスの知識と支援内容について説明できる。
 精神障害者の相談援助活動と法とのかかわりについて理解し、説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 (思考・判断・表現)
 精神障害者に対して適切な情報をわかりやすい言葉で説明できる。
 精神保健福祉士として倫理綱領や業務指針を理解し考えることができる。
 (共感力・理解力)
 自分以外の人に関心を持ち、想像し、理解し、共感できる。
 
 (態度・志向性)
 (態度・志向性)
 積極的に参加し、必要に応じて受講生同士お互いに意見をかわすことができる。
【授業内容】
 1)オリエンテーション
 2)障害者基本法の意義と内容
 3)精神保健福祉法の意義と概要
 4)精神保健福祉法における精神保健福祉士の役割
 5)精神障害者施策
 6)障害者自立支援法における精神障害者の福祉サービスの実際
 7)精神障害者から学ぶ
 8)精神障害者を対象とした福祉施策・事業の実際
 9)精神保健福祉士から学ぶ
 10)精神障害者に関する社会保障制度の概要(医療保険制度と介護保険制)
 11)精神障害者に関する社会保障制度の概要(経済的支援に関するもの)
 12)行政組織と民間組織の役割
 13)福祉サービス提供施設・機関について
 14)インフォーマルな社会資源の役割と実際
 15)専門職や地域住民の役割りや理解の実際
 
 
 
【教育方法】
 <実務家教員等による教育方法>
 精神障害者や精神保健福祉士を講師として実際の現場の話や思いから学ぶ機会を設ける。
 ゲスト講師を招いたときには必ずレポートがある
 
 毎回、レジメ等を配布し講義を行う。
 テーマについて授業内でディスカッションを行う。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 試験又は課題レポート(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 リアクションペーパー(20%)
 (態度・志向性)
 リアクションペーパー(20%)
 参加度(20%)
【必携図書】
 授業のときに紹介
【参考図書】
 授業の時に紹介
【履修上の注意】
 精神保健福祉に関する制度とサービスはT、Uがあり、関連して授業を行うので両方履修するのが望ましい。精神保健福祉士課程では必修になる。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 外部講師の時間もあるので、積極的に授業に参加することが望ましい。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る