戻る

科 目 名  教職実践演習(養護)
担 当 者  小尾 栄子/須田由紀/池田 充裕/永井 達彦
開 講 期 集中 履修年次 4 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
  本科目は、教職課程で学修した知識・経験を総括するための科目である。模擬授業や学校見学等の演習を通して、教職課程や他の教養・専門科目を通じて学んだ知識・技能と、養護実習やボランティア活動等での様々な体験活動を通じて修得したことを有機的に統合することで、教員としての資質及び能力をより確かなものとしたい。本科目を通じて、改めて自身が将来、教員になる上で何が課題であるのかを自覚し、必要に応じて不足している知識や経験等を補い、その定着を図ってほしい。
 🔴学士専門力「教職実践力」「自己学修力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・自身の専門教科の基礎的な知識を修得し説明することができる。
 ・学校見学などの体験活動や教育関係者の講演などを通して、現在の教員が抱える職務の重さや学 校・学級経営上の課題を理解し、説明することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・担当教科を指導する上での専門的な知識、板書等のメディアの活用や発問等の基本的な授業運営の技法、子どもの発達段階やクラスの特性に合わせた分かりやすい授業の開発といった諸点を統合し、授業を行うことができる。
 ・挨拶や言葉使い、地域の関係者や保護者との接し方等、社会人としての基本的な対人関係能力が身についている。
 
 (態度・志向性)
 ・教職を志す者としての使命感や責任感、教育的情熱を持つとともに、自身の成長課題を把握し、意欲的に自己研鑽に励むことができる。
【授業内容】
  第1回 ガイダンス−模擬授業や学校見学の計画の策定
  第2回 学校見学@−調査計画の確認・学校との交渉
  第3回 学校見学A−調査の実施
  第4回 学校見学B−調査結果の取りまとめ
  第5回 学校見学C−学校見学発表会
  第6回 「現代教職事情」講習会
  第7回 模擬授業の準備@―指導案の作成
  第8回 模擬授業の準備A―資料の分析
  第9回 模擬授業の実施と相互批評@
  第10回 模擬授業の実施と相互批評A
  第11回 模擬授業の実施と相互批評B
  第12回 模擬授業の実施と相互批評C
  第13回 模擬授業の実施と相互批評D
  第14回 模擬授業の実施と相互批評E
  第15回 模擬授業の振り返りと総合講評
  定期試験等  模擬授業や学校見学に関するレポート提出
 
【教育方法】
 ・学校見学などのフィールドワーク活動、模擬授業の実施、教育関係者による講演など、各種の方法で行う。
 
 【授業外の学修】
 第1回〜5回
 ・学校見学に向けて各自、学校の概要を把握し、見学に必要な知識を身に付け学修姿勢を作る。
 ・実際の見学場面で生じた課題や疑問をその日のうちに自己学修にて解決する。
 第6回 講演会で学修した内容のまとめを各自行う。
 第7回〜15回
 ・3年生以下においては、4年生から配付された資料内容の熟読と確認、質問内容の準備を行う。
 ・4年生は模擬授業に必要な教材、追加資料等の作成と準備を行う。各自授業展開の自己トレーニングを行う。
 ・模擬授業終了後には課題レポートを提示するので所定の様式に記載し、また各自で客観的な授業の評価を行い提出する。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 ・教員の資格・職業・実務経験:看護学部の担当教員2人はいずれも養護教諭一種免許状または養護教諭二種免許状を有している。また、主担当教員は県内の公立学校(小学校、高等学校、大学)における養護教諭と保健センターにおける学生の健康管理業務の経験者である。学校現場の組織や体制を理解し、県下の学校で学んだことの総括ができるよう指導する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 ・模擬授業の実践(専門教科の知識・理解に関する事項)、学校見学の報告内容 (30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・模擬授業の実践(授業実践に関する技術)、学校見学の報告 (40%)
 (態度・志向性)
 ・「教職実践ポートフォリオ」における自己評価の内容、模擬授業の準備・実践
 ・振り返りの内容 (30%)
 
【必携図書】
 ・本学刊行の『教職実践ポートフォリオ』を用いる。
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 ・養護実習で利用した補助教材及び、養護実習で作成した教材等を準備すること。
  (養護実習校から自身で作成及び使用した教材等を、一旦持ち帰ること。教材は本科目の授業で使用した後には、実習校で使用していただける場合にはお渡しする。)
 ・集中講義の形式で授業を進めるため、開講日時や場所(池田キャンパス、飯田キャンパス)、準備する事柄を前もって確認し、用意すること。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・主体的に取り組んでください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る