戻る

科 目 名  英語科指導法V
担 当 者  松土 清
開 講 期 前期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 英語教育の基本となる4領域(目的論、教材論、方法論、評価論)を取り上げることで、英語科教育の目的をより明確に理解すること、また、英語科指導法T・Uで習得した技術を総合的に活用して、理論的裏付けに基づいた指導案や教材の作成をすること、さらに、アクティブ・ラーニングなど生徒が言語活動を積極的に行える「学習者主体」の授業の構築など、英語指導の実践力を高めることを目的とする。
 学士力:「教職知識理解」 「教職実践力」 「自己学習力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
  「学習者主体」の授業展開の要点について理解し、学習指導要領との整合性を確認する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 英語教育を取り巻く環境や諸問題に関する洞察力を深める。
 英語授業の基本的技術(理論に裏付けされた指導案や教材の作成)を身につけ、中高の教科書を題材として授業をデザインし、それを模擬的に実践することができる。
 
 (態度・志向性)
 英語指導の基本的知識・技能を活かして自主的に英語教師としての能力開発と資質向上に努める。
 
 
【授業内容】
 【授業内容】
 ※下記内容を基本的に同時双方型授業で実施します。
 第1回 イントロダクション
 第2回 授業の設計(1) 目的論
 第3回 授業の設計(2) 教材論
 第4回 授業の設計(3) 方法論
 第5回 授業の設計(4) 評価論
 第6回 英語FAQ (小学校)
 第7回 英文法FAQ(中学校)
 第8回 英文法FAQ(高等学校)
 第9回 学習指導案の作成
 第10回 模擬授業(1) 教材研究
 第11回 模擬授業(2) 教材作成
 第12回 模擬授業(3) 学習形態
 第13回 模擬授業(4) 授業運営
 第14回 模擬授業(5) 授業評価
 第15回 まとめ
 定期試験
 
 【授業外の学修】
 ・第2回〜第5回の「授業の設計」終了時に授業指導案を作成し提出すること。
 ・第10回〜第14回の「模擬授業」においては各授業のテーマに則したマイクロ・ティーチングを組み立てること。
 
 
【教育方法】
 基本的に同時双方型授業で実施する。コース前半は各テーマについての講義のあと、関連事項について討論をすることにより理解を深める。
 ・英語/英文法FAQにおいては英語学習者から頻度高く問われる事項について説明する方法を学ぶ。
 ・コース後半の模擬授業においては各テーマに沿ったマイクロ・ティーチングを実施し、授業展開の各段階の指導方法・指導技術に関して意見交換を行うことにより切磋琢磨する。
 ・アクティブ・ラーニングなど「教えること」より「学ばせること」に重心を置いた学習者主体の授業デザインに力点が置かれる。
 
 【過去の活動状況】
 英語科指導法T・Uで習得した知識と技術を総合的に活用し、教育実習や学校現場での英語授業を一人で完結できる力を養成している。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 遠隔授業の討論における意見形成・発表(20%)
 授業指導案・授業実践発表(30%)
 (態度・志向性)
 積極性・授業への貢献(20%)
【必携図書】
 ・浅羽亮一(著)、豊田一男(著)、山崎朝子(著)、佐藤敏子(著)、中村典生(著)、大崎さつき(著)
 改訂版『わかりやすい英語教育法』小中高での実践的指導 (三修社円)
 
【参考図書】
 ・文部科学省 『中学校学習指導要領 外国語編』(開隆堂出版、2010年)
 ・文部科学省 『高等学校学習指導要領 外国語編・英語編』(開隆堂出版、2010年)
 
【履修上の注意】
 ・討論における意見形成や模擬授業の機会には積極的に取り組む。
 ・英語科指導法TおよびUの履修を前提とする。
 ・常に英語運用力の向上に努め、特に基本的なクラスルーム・イングリッシュに習熟する。 
 ・教師の視点と学習者の視点の双方の意識を念頭に置く。
 ・出席、授業への貢献、発表など教職希望者に相応しい態度で臨む。
 
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 必要に応じ教室言語を英語と設定している。コミュニケーション・ツールとしての英語という意識を高く保ち、あらゆる機会に各自の英語運用力の向上に努めるよう期待する。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る