戻る

科 目 名  被服学実習
担 当 者  齊藤 秀子/雨宮 邦子
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

実習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 教職課程(家庭科)の被服分野での被服実習を行う技術を身につけることを目的とする。
 
 学士力:知識理解力、思考・技能
【到達目標】
 (知識・理解)
 説明書をみて、製作方法を理解することができる
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ミシン縫い、ジグザグ縫い、ポケット付け、ゴム入れ等の技術を身につける
【授業内容】
 第1回 ガイダンス(被服製作に必要な用品について、実習室の使い方について)
 第2回 甚平の裁断その1(短パンの裁断)
 第3回 甚平の裁断その2(上着の裁断)
 第4回 甚平の裁断その3(裁断とミシンの練習・直線縫い、ジグザグ縫い)
 第5回 甚平の縫製(短パン)その1(ポケット付け)
 第6回 甚平の縫製(短パン)その2(縫製、ジグザグミシンによる縫い代の始末)
 第7回 甚平の縫製(短パン)その3(ウエストの始末、ゴム入れ)
 第8回 甚平の縫製(上着)その1(ポケット付け)
 第9回 甚平の縫製(上着)その2(袖縫口縫い、袖付け)
 第10回 甚平の縫製(上着)その3(脇スリットと裾の始末、三つ折縫い)
 第11回 甚平の縫製(上着)その4(わき縫い)
 第12回 甚平の縫製(上着)その5(そで下縫い)
 第13回 甚平の縫製(上着)その6(衿付け)
 第14回 甚平の縫製(上着)その7(紐つけ、仕上げ)
 第15回 作品提出と振り返り、和服文化について(ゆかたのたたみ方) 
【教育方法】
 題材を購入し、被服製作実習を行う。自ら実習に取り組むアクティブラーニングの教育方法となる。
【評価方法】
 (知識・理解)
 基礎縫い10%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業時実践25%、製作品65%
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 必要に応じて紹介する。
【履修上の注意】
 教職課程(家庭科)を履修する学生は履修すること。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 実習費用が必要です。
 教室、ミシン数の関係で人数を制限することがあります。
 実習のため、授業時間内に作業を終了できない場合は、補講を行います。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る