戻る

科 目 名  食品衛生学
担 当 者  吉田 雅彦
開 講 期 後期 履修年次 2・3 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 近年食品の安全性について、消費者の関心が増加している。そのような関心に応えるのが食品衛生学である。食品衛生学には、食と私たちの健康とを深く結びつける内容を多々含んでいる。その中で食品衛生の主要項目である、食品の腐敗・食中毒・食品添加物などの基礎について教授し、それらの内容が理解されることを目的とします。そして、その知識を通して我々が健康な食生活をおくれるよう、実践的な分野に応用できることをもうひとつの目的とします。
 学士力:「知識理解力」「思考・技能」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
  微生物・食中毒・食品添加物などの基礎的知識が理解できる。
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  食生活の問題点を的確に判断することができる。
 (態度・志向性)
  食の安全に対して常に関心が持てる。
【授業内容】
  1. 公衆衛生の分類と健康との関わり
  2. 食品衛生の概観と食品衛生行政について
  3. 食品の腐敗の定義と基礎知識
  4. 食品の腐敗の防止について
  5. 食中毒T(微生物性について)
  6. 食中毒U(自然毒について)
  7. 食中毒V(化学性について)
  8. 食中毒W(食中毒の防止について)
  9. 食中毒X(昨年度の食中毒発生事例について)
  10. 食品添加物T(添加物の定義と分類について)
  11. 食品添加物U(添加物の3基準について)
  12. 食品添加物V(添加物の安全性について)
  13. 輸入食品の安全T(輸入食品の安全性と検査態勢について)
  14. 輸入食品の安全U(輸入食品による事故事例について)
  15. まとめ(私たちが安全な食生活を送るために)
  16.期末テスト
 
  授業後にはノ−トを整理し、内容について復習して下さい。
  授業中に出された課題については、レポートを提出して下さい。
【教育方法】
 主としてパワーポイントを用いて講義形式で授業を進めます。必要に応じてプリント等を配布します。授業の最後に質問時間を設けます。口頭の場合はその場で答えます。出席用紙での質問には次回の授業の最初に答えます。
【評価方法】
 (知識・理解)
 期末試験(筆記試験60%)
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 レポ−ト(20%)
 (態度・志向性)
 出席状況と授業態度など(20%)
【必携図書】
 特定の教科書は使用しません。
【参考図書】
 特定の図書を指定しませんが、一般的な「食品衛生学」および「公衆衛生学」に関する図書を参考図書としてください。また、初回の授業で推薦図書を紹介する予定です。
【履修上の注意】
  食品に関する基礎的知識があることが望ましい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 本授業は、教員免許状「家庭」を習得するための関連授業ですが、「食の安全・安心」に興味のある学生さんの受講も歓迎します。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る