戻る

科 目 名  介護総合演習V(CW)
担 当 者  前川 有希子
開 講 期 通年 履修年次 3 必修選択別

---

単 位 数

1

時 間 数

60

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 ・住み慣れた地域で自分らしく生活するための支援となる訪問介護サービスをとおして、要支援者・要介護者のニーズや暮らしの個別性を理解する。
 ・訪問介護サービスにおける個別援助計画に沿った具体的支援方法の介護実践を通じて、介護過程の展開方法や在宅介護の意義を理解する。
 ・訪問介護や通所介護等、在宅介護サービスの利用者を中心とした、多職種連携に位置づけられる介護福祉士の役割、家族やインフォーマルな支援のあり方を理解する。
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.介護保険における訪問介護サービスの意義、在宅の暮らしを支える訪問介護サービスの内容を学ぶ
 2.在宅で暮らす要支援者・要介護者の尊厳を支える介護サービスのあり方を学ぶ
 3.介護福祉士に求められる知識と技術を統合させ、訪問介護サービスに従事する介護福祉士の使命を
 理解する
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.介護実習Vの実習先(居宅介護サービス事業所)について理解し、説明することができる
 2.訪問介護サービスに従事する介護福祉士の支援方法を理解し、科学的根拠に基づいて説明すること
 ができる
 3.居宅介護サービスを受ける要支援者・要介護者に対し、誠実な姿勢で関わることができる
 
 (態度・志向性)
 1.実習指導者・要支援者・要介護者に感謝とともに誠実な姿勢で実習に取り組むことができる
 2.自己の課題の達成に積極的に取り組むことができる
 3.提出物の作成、提出は、期日を厳守することができる
 
【授業内容】
 事前指導
   1.オリエンテーション
   2.実習先の選択と介護実習Vの目的および内容の理解(手引き参照)
   3.実習先の理解(グループワーク)
   4.介護保険制度、居宅介護サービスの基礎知識
   5.ケアプランに基づく個別支援計画の立案と支援
   6.記録の作成、介護実習Vの留意事項
   7.実習オリエンテーションの準備、個人票・実習計画書の作成
   8.介護実習V前の最終確認
 
 事後指導
   1.介護実習Vの振り返り
   2.3.4.実習報告レポートの作成 介護実践を振り返り、科学的根拠を探求する
   5.自己評価表の提出と個別面談
   6.7.介護実習Vの報告会
 
【教育方法】
 講義・演習・見学実習を組み合わせた授業展開を行う。
 利用者の身体的特徴や生活の不自由さを設定し、どのように関わりをもつことが望ましいかを考え、在宅生活を継続するための訪問介護サービスの意義を理解できる実務的な授業を行う。
 グループで話し合い、発表やロールプレイングの実践など、自分の意見を発表する機会を設ける。
 居宅サービス利用について、当事者や家族の声を聴くなど実習現場を想定できる見学、意見交換会を行う。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
  前川有希子:介護福祉士・介護支援専門員・住環境コーディネーター3級
  通所介護事業所、特別養護老人ホーム等での実務経験(1987〜2002年)を活かして、当該科目の理論と演習を統合させて指導を行う。施設ケアだけでなく、在宅介護支援の経験を活かし、多様な環境下での尊厳を踏まえた介護について教授する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題提出およびその内容 60%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業参加への取り組み姿勢 30%
 (態度・志向性)
 実習報告会の姿勢とその内容の相互評価 10%
【必携図書】
 実習の手引き
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 連続性のある内容のため、欠席しないよう健康管理、生活管理に務めること
 やむを得ず欠席した場合、前回の講義内容を事前に把握した上で講義に臨むこと
 課題、提出物には丁寧に取り組み、提出期限を厳守すること
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 介護実習を通じた多くの人との出会いは、自分の成長を体感でき、人生の財産になります。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る