戻る

科 目 名  介護総合演習T(CW)
担 当 者  青柳 暁子/青柳 暁子
開 講 期 通年 履修年次 1 必修選択別

---

単 位 数

1

時 間 数

60

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 介護実習Tの目的を達成するための事前学習、介護実習T後の事後学習を目的とする。下記の到達目標に掲げる内容を総合的に習得できるよう教授する。
 学士専門力:「知識理解力」「思考・技能」「態度・志向性」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.「利用者の特性・個別性」「実習施設」「介護の視点」について理解できる。
 2. 介護実習1、介護総合演習の目的について理解できる
 3. 実習記録の種類、記録の記入方法について理解できる
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.介護実習Tの実習先(高齢者通所介護施設)について理解し、説明することができる
 2.各領域で学んだ知識と技術を統合し、介護実習Tの目的、自己の関心を踏まえた上で自己の実習目標を設定して実習計画書を作成できる
 3.介護実践の科学的探究のため、介護実践についての根拠を明確に説明できる
 
 (態度・志向性)
 1.提示した課題に取り組み、自己の考えを整理するとともに、他者と意見交換できる
 2.提出物は締め切りを厳守して提出できる
 
【授業内容】
 1.オリエンテーション :介護実習Tについて/実習配属先について
 2.事前学習 調べる@ :実習についての心構え(1)
 3.事前学習 調べるA :実習先の施設種別・特徴について調べ、まとめる
 4.事前学習 調べるB :発表/実習施設と利用者の特徴について
 5.事前学習 考える@ :実習記録の記入方法・個人票、実習計画書作成の準備についての理解
 6.事前学習 考えるA :目標を設定し実習計画書を作成する
 7.事前学習 確認する@ :実習についての心構え(2)
 8.事前学習 確認するA :実習についての心構え(3)、注意事項、個人情報管理について
 9.事前学習 確認するB :実習先との連絡調整、オリエンテーション実習日程の打ち合わせ
              腸内細菌検査の実施、実習担当教員との打ち合わせ
 (後期授業)
 10.事後学習 @  実習体験の報告・共有、自己の実習課題からみた実習の振り返り(1)
 11.事後学習 A  実習報告書の作成(1)
 12.実後学習 B  実習報告書の作成(2)
 13.実後学習 C  実習報告書の作成(3)
 14.実後学習 D  実習報告書の作成(4)
 15.実後学習 E  実習報告書の作成(5)
 
【教育方法】
 個別学習、グループ学習、全体学習を組み合わせて学習を進める
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 グループワーク発表(15%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 実習報告書の内容(45%)実習計画書(10%)
 (態度・志向性)
 取り組み姿勢(40%)
【必携図書】
 実習の手引き(授業開始後に配布する)
 介護実習 記録書式(授業開始後に配布する)
 
 
【参考図書】
 授業時に適宜紹介する。
【履修上の注意】
 1.介護福祉士受験資格のための必修科目。
 2.指示された提出物(レポート、実習に必要な書類等)の提出期限を守ることは、実習準備の重要な要素である。提出期限を厳守すること。
 3.学習者として、介護実習を行う者として、よりよい学習環境を主体的・協力的につくるよう配慮すること
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る