戻る

科 目 名  コミュニケーション技術U(CW)
担 当 者  伊藤 健次
開 講 期 後期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 介護を必要とする者の理解や援助的関係、援助的コミュニケーションについて理解するとともに、利用者や利用者家族、あるいは多職種協働におけるコミュニケーション能力を身につけるための学習とする。
 様々な演習を通じて具体的にコミュニケーションを教授する。
 
 
 学士力:「知識理解力」「実践力・問題解決力」「人間関係形成力」「思考・技能」「共感的理解力
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.チームのコミュニケーションに必要な記録、報告、会議について理解できる
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.利用者、利用者家族、多職種との関係づくりについて工夫し、演習において試みることができる
 2.演習結果を振り返り、課題に取り組むことで援助的コミュニケーションについて考察する事ができる
 
 (態度・志向性)
 1.演習に積極的に関与し発言を行うことができる
 2.期日までに課題を提出できる
【授業内容】
 1.介護における記録
  ・介護記録の目的、種類、文体、管理
 2.介護記録の方法、留意点
 3.介護記録の書き方
 ・事例を元に記録をかいてみる(演習)
 4.介護におけるチームのコミュニケーション
  ・伝達トレーニング(演習)
 5. 他職種協働におけるコミュニケーション
  ・価値観交流(演習)
 6.報告・連絡・相談
 ・意義、目的、方法、留意事項
 7. 会議の意義、目的
  ・会議の種類、方法、留意点
  ・集団討議(演習)
 8 .グループ効果とリソース活用
  ・グループの力を活かすためには(演習)
 9. 意志決定と価値基準
  ・正解のないことを決めなくてはいけないとき(演習)
    課題レポート
 10.利用者家族への対応(1)
  ・特別養護老人ホームの事例(演習)
 11.利用者家族への対応(2)
  ・第10回の事例をもとに利用者家族への手紙をかいてみる(演習)
 12.他者とコミュニケーションを取るってどういうことだろう?
 13.信頼関係を作るってどういうことだろう?
 14.介護職に必要なコミュニケーションってなんだろう?
 15.まとめ
  ・授業内容を振り返り自分なりのコミュニケーションについて考察する
 
 【授業外の学修】
 講義時間内は演習を主に行うため、演習内容を振り返る短い文章の作成を
 宿題として課す回がある。それを元に次回授業を行うため、各自取組んでくること。
 また、9回目(予定)に課題提出を指示するので、それまでの授業内容を踏まえて
 課題に取り組み、提出すること。
 
【教育方法】
 グループワーク、ロールプレイ等の演習を中心に、適宜講義を取り入れて実施する。ただ演習を行うだけでなく演習を相互に観察・考察しあい振り返るアクティブラーニング形式で学習する。
 また、ゲスト講師によるワークショップも3回程度実施する予定である。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 実際の介護場面で生じる様々な場面を素材に演習を行い、
 具体的事例をできるだけ多く盛り込んだ内容で実施する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 レポート(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 提出課題(30%)演習実施内容(20%)
 (態度・志向性)
 演習参加の状況(グループへの貢献・演習態度など)(10%)
【必携図書】
 介護福祉士養成講座編集委員会編 新・介護福祉士養成講座第5巻
   『コミュニケーション技術 第3版』(中央法規出版)2016
【参考図書】
 必要に応じて適宜提示する
【履修上の注意】
 介護福祉士課程必修(介護課程以外の学生は受講できません)
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 グループワーク、ロールプレイの際の積極的参加を期待します。
 ゲスト講師も招く予定なのでお楽しみに。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る