戻る

科 目 名  コミュニケーション技術T(CW)
担 当 者  中島 朱美
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  要介護者への理解と援助的関係、援助的コミュニケーションについての具体的な方法について学び、利用者や利用者家族、多職種協働におけるコミュニケーション能力を身につけるための学習とする。また、障害の特性に応じたコミュニケーションの基礎的な理解を深める。
 
 学士力:「知識理解力」「人間関係形成力」「思考・技能」「共感的理解力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 対人援助におけるコミュニケーションの重要性と意義について理解し、説明することができる。
 基本的な援助的コミュニケーション方法を用いることができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 利用者に応じたコミュニケーション方法を選択し、円滑なコミュニケーションを図ることができる。
 (態度・志向性)
 受容、傾聴、共感的理解ができる。
【授業内容】
  1 オリエンテーション・アイスブレーキング 
  2 介護におけるコミュニケーションの意義、目的、役割
  3 利用者、家族との関係づくり
  4 利用者、家族とのコミュニケーションの実際
  5 話しを聴く技法
  6 納得と同意を得る技法
  7 相談、助言、指導
  8 利用者の意欲を引き出す技法
  9 利用者と家族の意向の調整を図る技法
  10 利用者の状態に応じたコミュニケーション技法
  11 身体、知的機能の低下した利用者の理解
  12 感覚機能が低下している人とのコミュニケーション
  13 運動機能が低下している人とのコミュニケーション
  14 認知機能が低下している人とのコミュニケーション
  15 総括
  16 最終試験
【教育方法】
 講義と演習形式を並行して行う。講義前後の予習、復習を授業内容に照らし各自行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
 最終試験(70%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 演習の参加状況(20%)
 (態度・志向性)
 授業参加姿勢(10%)
【必携図書】
 介護福祉士養成講座編集委員会編 新・介護福祉士養成講座第5巻
 「コミュニケーション技術」中央法規出版
 
【参考図書】
 講義の中で適宜、紹介する。
【履修上の注意】
 介護福祉士資格取得のための必修科目
 履修対象は介護福祉士課程の学生
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 積極的な講義への参加を望む。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る