戻る

科 目 名  介護過程X
担 当 者  伊藤 健次
開 講 期 後期 履修年次 4 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 他の科目で学習した知識や技術を統合して、介護過程を展開し、介護計画を立案し、適切な介護サービスの提供ができる能力を養えるよう教授する。
 
 学士力:「知識理解力」「実践力・問題解決力」「思考・技能」「共感的理解力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 @介護計画を立案するために必要なアセスメントについて理解できる。
 A介護計画作成・修正を通じて職種間の連携について考えることができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 @自分が作成した介護計画をわかりやすくプレゼンテーションすることができる。
 Aディスカッションを通じて修正版介護計画に必要な再アセスメントを実施できる。
 B演習で実施したディスカッション内容・再アセスメント結果を活用し、
  介護実習Wで作成した介護計画を修正することができる。
 (態度・志向性)
 @介護計画としての体裁を整えるのではなく、アセスメントと支援計画の修正を何度もおこない、よりよい物にしようと取り組むことができる。
【授業内容】
 1:授業概要のオリエンテーション
 2:提示する介護計画のまとめ方について
 3:介護計画のプレゼンテーション方法について
 4:高齢者施設でのアセスメントとチームケア DVD視聴
 5:介護計画の修正方法 ニーズの明確化と目標設定
 6:介護計画の発表・ディスカッション グループ1
 7:介護計画の発表・ディスカッション グループ2
 8:介護計画の発表・ディスカッション グループ3
 9:介護計画の発表・ディスカッション グループ4
 10:介護計画の発表・ディスカッション グループ5
 11:介護計画の発表・ディスカッション グループ6
 12:介護計画の発表・ディスカッション グループ7
 13:修正介護計画のための再アセスメント
 14:修正介護計画立案
 15:まとめ 自立支援のためのケアマネジメント
 
 【授業外の学修】
 各自が介護実習IVで取り組んだ介護過程の展開について
 特にアセスメントの部分を何度も練り直し、修正介護計画として再構築し、
 発表できる形で整理する。
 その際に必要であれば随時、対面・web上での教員とのディスカッションを行う。
 各自に割り当てられた発表日までに、発表内容、配付資料、提示資料を作成し
 配付資料を印刷して講義に出席すること。
【教育方法】
 1:介護実習Wで作成した介護計画をプレゼンテーションし、ディスカッションをおこなう
  アクティブラーニング形式で再アセスメントを実施します。
 2:1で実施した再アセスメントに基づいて実習で作成した介護計画を検証し修正介護計画を
  提出します。
 
 【実務経験のある教員による教育の方法】
 修正介護計画や実効性を伴った具体的な内容になるように
 特養の勤務経験、多数の事例検討の内容を踏まえた助言を行う。
 地域ケア会議等で提出されている話題、最新の援助方法についてもコメントする。
【評価方法】
 (知識・理解)
 実習で作成した介護計画の修正版の提出30%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 介護実習Wで作成した介護計画のプレゼンテーション40%
 (態度・志向性)
 授業態度15%、修正介護計画提出のための各2回の個別指導15%
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 渡辺律子著『高齢者援助における相談面接の理論と実際第2版』(医歯薬出版)2011
【履修上の注意】
 介護福祉士課程必修(介護課程以外の学生は履修できません)
 履修には介護実習Wの終了が前提となります。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 介護課程の学びのラストを飾る演習です。
 集大成として自分なりの介護計画を練り直し、より良いものに作り上げましょう。
 授業外でも随時コメントするので、空き時間をうまく使い、自分の修正を進行させましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る