戻る

科 目 名  介護過程V(CW)
担 当 者  前川 有希子
開 講 期 後期 履修年次 3 必修選択別

---

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 1.介護に関する知識や技術を統合させながら介護過程の展開プロセスを理解し、根拠に基づく生活支援の実践能力を習得する
 2.介護施設での生活者等の事例をとおして、介護過程の展開がわかる能力、介護過程の展開を実践できる能力を習得する
 3.人間の尊厳を支える介護を提供する介護福祉士としての姿勢を磨く
 4.介護施設利用者の事例をとおして、チームケアとしての介護過程の実践方法がわかる
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.介護実践における介護過程の意義を理解できる
 2.介護過程の展開方法について、自分の言葉で説明ができる
 3.多職種と連携するチームケアとして介護過程が展開していくことがわかる
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.思考過程としての介護過程の展開を実践するために、知識を深めることができる
 2.事例の個別性を理解し、具体的援助計画の立案ができる
 3.具体的援助計画の実施、評価、介護過程の展開の理解につなげることができる
 
 (態度・志向性)
 1.利用者(事例)に心を寄せ、自立支援の視点から介護過程の展開ができる
 2.より良い介護を提供するために、報告・連絡・相談に努める
 3.レポート課題や報告書の提出期日を厳守できる
 
【授業内容】
 第1回  オリエンテーション 介護過程の理解
 第2回  利用者本位の介護サービスを提供するために、アセスメントツールを学ぶ
 第3回  事例1 利用者の理解 
 第4回   アセスメント
 第5回   目標設定・計画立案
 第6回   実施・ケアカンファレンス・評価
 第7回  事例2 特別養護老人ホーム利用者(重介護利用者)について介護過程の展開の理解
 第8回   アセスメント
 第9回   目標設定・計画立案
 第10回   実施・ケアカンファレンス・評価
 第11回  事例3 介護老人保健施設利用者(在宅復帰を目指す利用者)について介護過程展開の理解
 第12回   アセスメント
 第13回   目標設定・計画立案
 第14回   実施・ケアカンファレンス・評価
 第15回  まとめ
 
【教育方法】
 グループワークを中心に演習します
 
 実務経験のある教員としての教育方法
  前川有希子:介護福祉士・介護支援専門員・住環境コーディネーター3級
  通所介護事業所、特別養護老人ホーム等での実務経験(1987〜2002年)を活かして、当該科目の理論と演習を統合させて指導を行う。施設、在宅介護支援の経験を活かし、多様な環境下で対象者の尊厳を守るケアについて、基本的な知識と考え方を教授する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポート 60%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 発表時の資料やパワーポイント等作成した課題 30%
 (態度・志向性)
 授業やグループワークへの参加姿勢 10%
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 授業の中で指示します
【履修上の注意】
 グループワークが中心になります。欠席は、グループメンバーに迷惑をかけることとなります。
 健康管理、生活リズムを整えて、授業を欠席することの無いようにしてください
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 自分の意見をもち、学生・教員間のコミュニケーションを深めていきましょう

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る