戻る

科 目 名  介護過程U(CW)
担 当 者  中島 朱美
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

---

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 他の科目で学習した知識や技術を統合して個々のニーズに応じた介護計画を立案し、適切なサービスに結びつけることができる能力を養う。
 
 学士力:「知識理解力」「実践力・問題解決力」「思考・技能」「共感的理解力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 個々のニーズの基づく個別援助計画の実践方法について理解し、説明することができる。
 個別援助計画の実施にあたっての留意点を踏まえたうえで、実践および評価ができる能力を身につけることができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 介護過程の展開に必要な情報を選択し個別援助計画に反映させることができる。
 (態度・志向性)
 課題に意欲的に取り組むことができる。
【授業内容】
 1. 介護過程の展開方法の復習
 2. 個別援助計画(介護計画)の実践への理解
 3. 個別援助計画の目標設定への理解
 4. 個別援助計画の目標立て(演習)
 5. 目標とその根拠について考える
 6. 個別援助計画のすすめ方と支援内容の検討
 7. 個別援助計画の実践内容の設定
 8. 援助内容の具体的な方法
 9. 個別援助計画の実施の際の留意点
 10. 実施状況の把握と記録
 11. 個別援助計画の評価の意義と目的
 12. 介護過程展開の実践的展開@(演習:アセスメントシートT)
 13. 介護過程展開の実践的展開A(演習:アセスメントシートU)
 14. 介護過程展開の実践的展開B(演習:アセスメントシートV)
 15. 介護過程展開の実践的展開の発表と総括
【教育方法】
 講義及び演習形式。演習内容に関しては講義終了ごとに復習する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題の理解(50%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 演習に対する評価(40%)
 (態度・志向性)
 授業への取り組み姿勢(10%)
【必携図書】
 介護福祉士養成講座編集委員会編「介護過程」中央法規出版
【参考図書】
 中島朱美(2015)「改訂版 学生・教員・施設職員のための わかりやすい介護実習のすすめ方と記録の方法 施設編」ふくろう出版
【履修上の注意】
 介護福祉士取得のための必修科目 
 履修対象は介護福祉士課程の学生
 連続性のある内容のため、欠席者は前回の講義内容を把握したうえで講義に臨むこと。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 積極的なディスカッションを希望する。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る