戻る

科 目 名  介護過程T(CW)
担 当 者  中島 朱美
開 講 期 後期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 他の介護過程の意義と基礎的な理解ができる。また、他の科目で学習した知識や技術を統合しながら、個別介護計画の立案を目指す。さらに、具体的な介護過程の展開方法や適切なサービスの選択についての理解を深める。
 
 学士力:「知識理解力」「実践力・問題解決力」「思考・技能」「共感的理解力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 介護過程の意義と展開方法について説明することができる。
 生活課題の捉え方について理解することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ICFの視点に基づく情報の分類と情報の統合化ができる。
 
 (態度・志向性)
 課題に意欲的に取り組むことができる。
【授業内容】
 1. 介護過程の意義と目的
 2. 介護過程の展開プロセス
 3. ICFの視点に基づくサービス利用者の把握
 4. 情報収集に必要な視点
 5. 情報の分類
 6. 具体的な場面からサービス利用者の必要とされる情報を考える(演習)
 7. 演習内容の発表と意見交換
 8. 課題の優先順位とアセスメントの理解
 9. アセスメントシートTの作成(基本情報)
 10. アセスメントシートUの作成(ICFの概念に基づく情報収集)
 11. アセスメントシートUの作成
 12. アセスメントシートの発表と意見交換
 13. 情報の整理
 14. 生活課題の統合と分析
 15. 総括
【教育方法】
 講義及び演習形式ですすめる。演習内容に関しては講義終了ごとに復習する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題の理解(60%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 演習記録の評価(30%)
 
 (態度・志向性)
 授業参加姿勢(10%)
【必携図書】
 介護福祉士養成講座編集委員会編「介護過程」中央法規出版
【参考図書】
 中島朱美(2015)「改訂版 学生・教員・施設職員のための わかりやすい介護実習のすすめ方と記録の方法 −施設編−」
【履修上の注意】
 介護福祉士資格取得のための必修科目
 履修対象は介護福祉士課程の学生
 連続性のある内容のため、欠席者は前回の講義内容を把握したうえで講義に臨むこと。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る