戻る

科 目 名  生活支援技術[(居住環境)(CW)2コマ連続
担 当 者  久保田 好正
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 障害のあるなしに関わらず、ひとは自分らしい暮らしを最期まで営む権利がある。この講座では、そもそもひとはどのような住まいを求め、介護福祉の視点からどんな支援をするのか考える。単なるバリアフリーから、その人らしい暮らしをつくる基本的な技術や知識を事例紹介やワークショップを通して習得する
 
 学士専門力:「知識・理解力」「思考・技能」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 自分らしい暮らしを実現するための基本的な理念・知識・技術を習得する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 安心・安全なバリアフリーに留まらず、その人らしく暮らせる住まいを提案できる。
【授業内容】
 ※WS=ワークショップの略
 第1回 講義 総論1 自分らしい暮らしとは何か
 第2回 WS 介護福祉の視点で考える「自分らしさとは何か」
 第3回 講義 総論2 自分らしい暮らしを実現する住まいとは何か
 第4回 WS 介護福祉の視点で考える「自分らしい住まいとは何か」
 第5回 講義 各論1 自分らしい暮らしを支える福祉用具の活用
 第6回 WS 介護福祉の視点で考える「自分らしい福祉用具の活用とは」
 第7回 講義 各論2 自分らしい暮らしを支える住環境整備の活用
 第8回 WS 介護福祉の視点で考える「自分らしい住環境整備の活用とは」
 第9回 講義 各論3 自分らしい暮らしを実現する在宅生活とは
 第10回 WS 介護福祉の視点で考える「自分らしい在宅生活とは」
 第11回 講義 各論4 自分らしい暮らしを実現する通所施設とは
 第12回 WS 介護福祉の視点で考える「自分らしい通所施設とは」
 第13回 講義 各論5 自分らしい暮らしを実現する入所施設とは
 第14回 WS 介護福祉の視点で考える「自分らしい入所施設とは」
 第15回 WS まとめ
 
 【授業外の学修】
 授業で指定した範囲の教科書を事前に読む予習、授業終了後に該当部分を読む復習をすること。
 
【教育方法】
 講師による講義形式に加え、テーマについて個人またはグループでのワークショップにより理解を深めるアクティブ・ラーニング方式を取り入れる。テーマにより成果物の提出も求める。
【評価方法】
 (知識・理解)
 35% レポートや小テスト等
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 35% ワークショップのプレゼン、制作物
 (態度・志向性)
 30% 授業態度、出席状況
【必携図書】
 Rehabilitation Life 〜暮らしのリノベーション〜 株式会社gene 4,600円(税別)
【参考図書】
 必要に応じて適宜紹介する
【履修上の注意】
 介護福祉士必修
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 知識・技術を学び、自分の言葉で語れるようになってください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る