戻る

科 目 名  生活支援技術X(清潔・入浴)(
担 当 者  青柳 暁子
開 講 期 前期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 1.講義にて対象者の能力を活用発揮し、自立に向けた清潔・入浴の生活支援に関連する知識・方法・態度について教授する
 2.演習を通して、対象者の能力を活用発揮し、自立に向けた清潔・入浴に関する基礎的技術、個別の状況に応じた方法を習得できるよう教授する
 学士専門力「知識理解力」、「実践・問題解決力」、「思考・技能」、「態度・志向性」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・清潔・入浴の意義と目的について理解し、説明できる
 ・人間の尊厳や個人の能力、安全に配慮し、自立に向けた清潔・入浴の生活支援方法を説明できる
 ・提供する技術を科学的根拠を基に説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・人間の尊厳や個人の能力、安全に配慮し、自立に向けた清潔・入浴の生活支援技術を実施できる
 ・提示した課題に対する解決方法を示すことができる。
 
 (態度・志向性)
 ・提示した課題に対し、自ら調べ、考えるという自立的態度で臨むことができる。
 ・実技演習を繰り返し行うといった習得への意欲的態度で臨むことができる。
 
【授業内容】
 第1回 オリエンテーション/自立に向けた清潔 ・入浴の意義と目的の理解
 第2回 利用者の状態・状況に応じた身じたくの介助の留意点
 第3回 清潔・入浴におけるアセスメント
     入浴・清潔保持における他職種の役割と協働/リスクマネジメント
 第4回 清潔の支援技術@ 口腔ケア
 第5回 清潔の支援技術A 手浴・足浴
 第6回 清潔の支援技術B 手浴・足浴
 第7回 清潔の支援技術C 手浴・足浴
 第8回 清潔の支援技術D 爪切り
 第9回 清潔の支援技術E 洗髪@
 第10回 清潔の支援技術F 洗髪A
 第11回 清潔の支援技術G 入浴と清拭@
 第12回 清潔の支援技術H 入浴と清拭A
 第13回 清潔の支援技術I 入浴と清拭B 
 第14回 清潔の支援技術J 入浴と清拭C
 第15回 清潔の支援 事例検討
 
【教育方法】
 授業は講義・演習を組み合わせて行う。基礎的な内容は第4回までに講義とグループワークを行う。
 個々の実技演習は授業前半に各実技に関する講義を行い、授業後半に状況設定下で実技演習を行う。第14回に事例検討を行い、第15回にまとめを行う。
 
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 筆記試験(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 グループワーク・事例検討(30%)
 (態度・志向性)
 授業態度(30%)
【必携図書】
 新・介護福祉士養成講座7『生活支援技術U』中央法規出版(2017)
 その他、授業時に適宜紹介する。
【参考図書】
 新セルフチェック基礎介護技術 中央法規出版
【履修上の注意】
 演習には動きやすい服装で参加し、靴は上履きを用意すること。 介護福祉士受験資格のための必修科目。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 学生自身が主体的に学ぶこと、互いに学び合うこと、考えることを大切にしています。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る