戻る

科 目 名  介護の基本W(CW)
担 当 者  森川 洋
開 講 期 後期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

地域課題科目

 
【科目の目的】
 「老いとは何か」「生きがいとは何か」「死とは何か」「普通とは何か」「健康とは何か」などといった問いかけを通じ、「尊厳の保持」「自立支援」という介護の考え方について理解を深めていくための土台作りを目的とする。その上で「介護を必要とする人」を生活の観点から捉え、そのための支援のあり方について考察するきっかけをつくる。
  学士専門力:「知識理解力」「思考・技能」「共感的理解力」「地域貢献力」「態度・志向性」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 地域福祉やヘルスプロモーションなど、人の暮らしをまちづくりという視点から捉えていくことの意義について理解し、説明することができる。また連携、ソーシャル・サポート・ネットワーク、インフォーマル・サポート、フォーマル・サポート、ソーシャル・キャピタルといった基本概念と、保健医療福祉分野で従事する専門職の役割と機能などについて理解し、説明することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 障害がある人及び高齢の人たちが抱えている生活課題や、(広義の)健康的な生活を創る要因について自身の考えを持つとともに、介護福祉士として何ができて何ができないのか、自らの見解をまとめて、発表することができる。
 (態度・志向性)
 学修を通して、介護福祉士を志す者に求められる今後の課題を明確化することができる。
【授業内容】
 第1回 オリエンテーション
  授業内容、授業の進め方、評価方法、受講する上での心構え等について説明する。
 第2回 ヘルスプロモーション−まちづくりという視点から人のより良い暮らしを考える
 (参考URL:「ヘルスプロモーションについて」http://www.jshp.net/HP_kaisetu/kaisetu_head.html)
  人々の健康観の考察を通して、利用者を中心に据えた支援を考えていく際の枠組みとして、WHOが提唱しているヘルスプロモーションについて学ぶ。
 第3回 連携とは何か−求められる介護福祉士像
  連携という言葉について自らの考えと理論的な定義づけについて学び、連携に対する考え方を構築する。このことを通して介護福祉士の立場から連携について考える。
 第4回 他の福祉職種の機能と役割の理解−SW・PSW・MSWなど
  介護福祉士以外の福祉専門職について学ぶ。
 第5回 保健医療職の機能と役割@−医師・保健師・看護師・助産師など、介護職と医行為
  医師をはじめ、戦後直後に整備された保健医療職及び介護職と医行為について学習する。
 第6回 保健医療職の機能と役割A−理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
  保健師、看護師、助産師等以降より、現在に至るまでに創設された主にリハビリテーション系の保健医療職を中心に学ぶ。
 第7回 保健医療職の役割と機能B−薬剤師・栄養士・管理栄養士など
  ここまで学んだ以外の専門職について学ぶ。
 第8回 事例検討−他職種連携
  事例を通して利用者を取り巻く他職種連携の実際について学ぶ。
 第9回 戦後日本における他職種連携
  戦後日本における援助過程の事例を通して専門職による連携について学ぶ。
 第10回 地域連携@−自らの人生と地域との関わりについて考える。
  地域連携の意義と目的について、高齢者の生活の場を通じて学ぶ。
 第11回 地域連携A−地域における機関
  地域における機関の希望と役割を知る事を通して学ぶ
 第12回 地域連携B−事例を通じて地域連携の目的と意義について人々の生活の場を通じて学ぶ。
 第13回 グループホームの事例を通じて地域連携を通じて地域連携について考える
  認知症高齢者グループぼーむの事例を通じて、介護福祉士の専門性、フォーマル・サービスとインフォーマル・サービスについて学ぶ。
 第14回 介護サービスの概要と提供の場の特性
  ケアプラン、ケアマネジメントの流れと仕組み、及び介護保険制度について学ぶ。
 第15回 まとめ
  「普通に暮らす」とは何かということを通して、連携の意義について考える。
 
【教育方法】
 ・講義を中心に、スライドやDVD映像を活用する。
 ・毎回リアクションペーパーを回収する。
 ・リアクションペーパーに記述された質問等に対する回答は、その都度もしくは次回授業時に行い、受講生全員で共有できるようにする(なお質問者の名前は公表しない)。
 ・授業内容により、グループワークも行う。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 レポート提出(45%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 グループワークへの参加および発表等、授業への参加度(30%)
 (態度・志向性)
 リアクションペーパーの記載内容(25%)
【必携図書】
 指定しない。
【参考図書】
 介護福祉士養成講座編集委員会編『介護の基本U 第4版』(中央法規,2017)
【履修上の注意】
 介護福祉士課程必修。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 実習などで見聞きした連携の場面を思い出しながら、具体的な理解に努めましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る