戻る

科 目 名  介護の基本V(CW)
担 当 者  粕山 達也/中西 康祐/関口 賢人/藤田 大輔
開 講 期 後期 履修年次 2 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 医療、介護現場におけるチームアプローチを推進するために必要なリハビリテーションの視点について教授する。 リハビリテーション関連職種の役割とその存在意義を理解し、医療保険・介護保険下における制度や体制、リハビ リテーションの実際について説明する。また、.対象者の心身の回復・維持を促す介護を提供する者として具体的な援助の視点を検討する。

 
 学士専門力:「知識理解力」「思考・技能」「態度・志向性」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.リハビリテーション関連職種とその法的根拠を理解し、説明できる。
 2.医療保険・介護保険下でのリハビリテーションの内容を理解し、説明できる。
 3.対象者の心身機能の回復・維持を促す介護ケアのポイントを理解し、説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.介護現場におけるリハビリテーション関連職種との協働を円滑に進めることができるようになる。2.介護サービスを提供する際には対象者の心身機能の回復・維持の視点を持つことができるようになる。
 (態度・志向性)
 1.講義中提示した課題に積極的に取り組み、自分の考えを発表できると共に、他者と意見交換できる。
 2.締め切を厳守して提出物を提出できる。
【授業内容】
 1回目 リハビリテーションの理念 (関口 賢人) 
2回目 リハビリテーションに関わる専門職とチームアプローチ (関口 賢人)
 3回目 リハビリテーションに関する法律と社会資源  (関口 賢人)
4回目 医療保険におけるリハビリテーションの位置づけ (関口 賢人)
5回目 介護保険におけるリハビリテーションの位置づけ (関口 賢人)
6回目 作業療法の実際1: 自助具・福祉用具とリハビリテーション (中西 康祐)
 7回目 作業療法の実際2: 自助具・ユニバーサルデザインとリハビリテーション (中西 康祐)
 8回目 作業療法の実際3: 認知症の方に対するリハビリテーション (中西 康祐)
 9回目 作業療法の実際4: 高齢者の役割活動に対する支援  (中西 康祐)
 10回目 作業療法の実際5: 環境・人生史からみた認知症の理解  (中西 康祐)
 11回目 理学療法の実際1: 訪問リハビリテーション (粕山 達也)
12回目 理学療法の実際2: 運動器疾患へのリハビリテーション (粕山 達也)
 13回目 理学療法の実際3: 脳血管疾患へのリハビリテーション (藤田 大輔)
 14回目 理学療法の実際4: 呼吸・循環器疾患へのリハビリテーション (藤田 大輔)
 15回目 理学療法の実際5: 通所施設におけるリハビリテーション (藤田 大輔)
 【授業外の学修】
 ・各回で配布されたプリントを要約して復習すること。
 ・各回で指示されたテーマについて事前に自己学習すること。
 ・各担当教員の終了後(第5回、第10回、第12回、第15回)に課題レポートを課すため、指示に従い提出すること。
 
【教育方法】
 スライドや配布資料を活用するとともに、テーマや作業を提示しそれについての実技や演習、グループ学習を行う 。これらを通し、学生が「調べる・話し合う(話す・聞く)・行動する」などの主体的学習態度で取り組めるよう 工夫する。また、指示した提出物(課題レポート等)や講義中の実習体験について考察を深め発表する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポート(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  課題レポート(40%)
 (態度・志向性)
 各回の授業参加姿勢(20%)
【必携図書】
 指定しない
【参考図書】
 指定しない
【履修上の注意】
 介護福祉士資格取得のための必修科目。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 介護現場では、対象者にサービスを提供する関連職種がその職域を越えていかに協働してご本人の要望に応えるこ とができるか重要となっています。本講義は理学療法士・作業療法士が担当し、リハビリテーションの視点とはい かなるものか、また介護ケアの中にその視点を導入することの重要性を論じたいと思います。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る