戻る

科 目 名  介護の基本U(CW)
担 当 者  出沢 秀子
開 講 期 前期 履修年次 2 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 「介護を必要とする人」の状態や状況を生活の視点から理解し、介護を必要とする人の個々の生活の困難さを知り、その方が主体的な生活を過ごすために、どのような支援が必要かを学ぶ。また、他種職の役割と協働・連携の必要性について学ぶ。
 
 学士専門力:「知識・理解力」「思考・技能」「態度・志向性」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.「介護を必要とする人」の状態や状況が説明できる。
 2.他種職の役割と協働・連携のポイントが説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.「介護を必要とする人」がその人らしく生活できる重要性について多面的、統合的に理解できる。
 2.「介護を必要とする人」の状態や状況を踏まえて、主体的な生活を過ごすため、どのような支援が必要か説明できる。
 3.グループワークや課題などを通し、自分の考えを整理し、意見交換できる。
 
 (態度・志向性)
 介護を必要とする人の生活の困難さに関心がもつことができ、積極的に発言などができる。
【授業内容】
 1)オリエンテーション、利用者の状態・状況に応じた生活支援とはないか
 2)障害の概念とICFについて
 3)視覚障害のある人の生活の理解と支援について
 4)聴覚・言語・重複障害のある人の生活の理解と支援について
 5)運動機能障害のある人の生活の理解と支援について
 6)内部障害(心臓機能障害)の理解と支援について
 7)内部障害(腎機能障害)の理解と支援について
 8)内部障害(呼吸機能障害)の理解と支援について
 9)内部障害(膀胱・直腸機能障害)の理解と支援について
 10)内部障害(肝機能障害)の理解と支援について
 11)知的障害のある人の生活の理解と支援について
 12)精神障害のある人の生活の理解と支援について
 13)高次脳障害のある人の生活の理解と支援について
 14)発達障害のある人の生活の理解と支援について
  定期試験
 【授業外の学修】
 第1回目の授業で配布する授業計画書内に示した課題について振り分けを行い、調べて発表を行う。
  また、各章ごとの問題の配布をするので、自宅で復習すること。
 
【教育方法】
 配布資料、パワーポイント・DVD映像等を用いて講義形式ですすめる。又、提示したテーマにより、グループ
 学習や模擬体験なども行う。 課題レポートや項目ごとの内容に基づき、学びの内容や理解度を確認する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験60%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 課題(20%)
 (態度・志向性)
 参加度(20%)
【必携図書】
 最新介護福祉全書11
 こころとからだのしくみ障害の理解 メヂカルフレンド 谷口敏代
 
【参考図書】
 適宜紹介する。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 介護を必要とする人が、その人らしく暮らすには、どんなことが必要か皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る