戻る

科 目 名  介護の基本T(CW)
担 当 者  伊藤 健次
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 「尊厳の保持」「自立支援」という新しい介護の考え方、、生活の視点から「介護を必要とする人」を捉える考え方、介護における安全やチームワーク等について理解するための教育を行う
 
 
 学士力:「知識理解力」「思考・技能」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 1:様々な観点からの自立概念を理解し説明することができる
 2:介護における自立支援、尊厳の保持の意味を理解し、自分なりの言葉で説明することができる。
 
 
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1:生活援助を自立支援という観点からとらえ、具体的な介護場面をイメージして説明することができる。
 
 (態度・志向性)
 1:提示された課題について期日までに取り組み提出することができる
【授業内容】
 1:自立に向けた介護@
  ・包括的日常生活支援とは
  ・自立・自律の考え方
 2:自立に向けた介護A
  ・自己決定・自己選択
 3:自立に向けた介護B
  ・生活意欲への働きかけ・ニーズの階層性
 4:自立に向けた介護C
  ・自立支援の考え方
 5:自立に向けた介護D
  ・障害者の自立に関する概念・自立支援運動
 6:個別ケア
  ・個別ケアの考え方 プロフェッショナルニーズとフェルトニーズ
 7:自立の側面と自立に向けた支援
  ・自立支援と関係性
 8:「お世話」から自立支援へ
  ・個別ケアという考え方
 9:自己決定を支える専門職
  ・専門職としての倫理と価値観
 10:ICF@
  ・ICFの考え方
 11:ICFA
  ・ICFの視点に基づくアセスメント
 12:介護とリハビリテーションの関連@
  ・リハビリテーションの考え方
 13:介護とリハビリテーションの関連A
  ・リハビリテーションの定義
 14:ノーマライゼーションと介護
  ・ノーマライゼーションの考え方
 15:自立に向けた介護まとめ
 
 【授業外の学修】
 次回講義までの宿題が出題される回があります。
 その内容を元にディスカッションを行ったりするため、
 参考資料を探したりまとめたりを各自で必ず行う事。
【教育方法】
 パワーポイントを用いた講義形式による学習と、
 テーマに関したディスカッションにより理解を深める学習を行う。
 適宜配布資料や視聴覚教材も使用する。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 紹介する自立の概念を実際の介護場面でどう考えれば良いか
 具体例を多く用いた講義を行います。
【評価方法】
 (知識・理解)
 テスト40%  
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 テスト20%
 (態度・志向性)
 授業態度40%
【必携図書】
 テキストは指定しない。必要資料は授業内で配布する。
【参考図書】
 熊谷晋一郎著『リハビリの夜 』(医学書院) 2009 
 渡辺一史著『こんな夜更けにバナナかよ』(文藝春秋) 2013 
 メイ・サートン著『今かくあれども』(みすず書房) 1995
 これらの参考図書は、自立を理解する上で有用であるため一読することが望ましい。 
【履修上の注意】
 介護福祉士課程必修(介護課程以外の学生は履修できません)
 30分以上の遅刻は欠席として扱います。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 自立支援という介護の考え方を具体的に理解していきましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る