戻る

科 目 名  医療福祉論
担 当 者  山田 美代子
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 保健医療現場における包括的ケアを実現するために、社会福祉領域の貢献について知識・技術・倫理の側面から総合的に学ぶ。保健医療現場で行う相談援助活動をする上で必要となる医療保険制度や保健医療サービス、援用されている概念やアプローチや援助方法について理解する。保健医療サービスにおける専門職の役割と実際、機関内・機関間・職種間の連携協働体制について理解する。
  医療現場は、日本の保健・医療・福祉に関する制度政策から影響を受けていることを理解し、理論と実践の関連づけることができる。特に、保健医療ソーシャルワークにおけるミクロ、メゾ、マクロの視野の重要性を認識した実践力を身につける。山梨県の医療保健福祉についての課題等についても理解する。
 
 学士専門力:「知識・理解」「思考・判断・表現/思考・技能・実践」「態度・志向性」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・医療ソーシャルワーカーに必要な価値・理論・実践を関係づけて理解することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・医療ソーシャルワーカーの相談援助の対象と専門職の概念について説明することができる。
 (態度・志向性)
 ・医療ソーシャルワーカーの専門性について理解し、自分の言葉で表現することができる。
 ・保健医療分野や社会保障など実際に必要な新しい情報収集を行うことができる。
 ・様々な情報資源から関連する情報を得、積極的に関心を持ち、授業に参加することができる。
 ・保健医療分野に関する自分の関心の焦点を大切にし、実証的に探索することができる。
 
【授業内容】
 1) オリエンテーシ
 2) 現代の保健医療と社会福祉における諸問題
 3) 保健医療福祉という領域の歴史と医療ソーシャルワークの展開
 4) 患者・家族について
 5) 保健医療と福祉をめぐる価値と倫理
 6) 保健・医療組織とチームワーク、ネットワーク
 7) 社会保障の制度的枠組みと医療保険
 8) 保健医療サービスと社会福祉をめぐる施設と体制
 9) 保健医療と福祉・介護をめぐる施設と体制
 10)保健医療領域における課題と医療ソーシャルワーカーの業務と役割
 11)保健医療ソーシャルワークの実際T(ソーシャルワーク援助のプロセス)
 12)保健医療ソーシャルワークの実際U(ミクロからメゾ・マクロへの業務展開)
 13)保健医療ソーシャルワークの実際V(保健医療ソーシャルワークで活用する概念・方法論)
 14)保健医療サービスの今後の動向とソーシャルワークの課題
 15)まとめ
 
 【授業外の学修】
 第一回目授業時(2019年4月15日1時限目)に配布する授業計画表内に示した、各授業回に関連したテキストの該当頁についてはあらかじめ読み込んでおくこと。それ以外は、授業にて配布、指示します。(別紙あり)
 
 
【教育方法】
 保健医療ソーシャルワークの実際を学べるように以下の方法をとります。
 1.講義のタイプは、一方向性(教員からの知識提供)、双方向性(学生と教員・学生同士等)のコミュニケーションの混合型です。
 2.模擬事例や視聴覚教材等を用いながら理論と実際を繋げる学習を進めていきます。
 3.毎回リアクションペーパー記入をお願いします。その中で出てきた、学生関心の焦点や疑問を重要 視し、それらに対して授業の中の学習素材として活用していきます。
 4.プレゼンテーションやペア、グループ、全体での話し合い、ミニ・ロールプレイ等の実践的な援助 方法のトレーニングができるようにします。
 5.学外の学会や研修会や講演会情報等をお伝えします。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 発言・発表・課題レポート(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 リアクションペーパー(20%)
 (態度・志向性)
 授業の参加姿勢(30%)、課題のプレゼンテーション(10%)
【必携図書】
 『第2版 保健医療ソーシャルワーク論』田中千枝子著.勁草書房(2014)
【参考図書】
 「保健医療サービス」新・社会福祉士養成講座 中央法規出版
【履修上の注意】
 本学で学んだ知識・技術・倫理・価値をすべて活用し、積極的に参加してください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 医療ソーシャルワーカーとしての38年の実践経験から、医療福祉論を担当させていただきます。
 保健医療サービスは、社会保障や医療制度を背景に提供されますが、医療の中で、問題解決志向が優先される現場です。それゆえに、問題現象を、問題化せず患者・家族の置かれている状況を理解し、患者・家族が取り組む生活課題としてとらえて支援していくことが大切だと思います。保健・医療分野にかかわるソーシャルワーカーとしての人間理解の視点を基本として、一緒に考えていきましょう。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る