戻る

科 目 名  ソーシャルワーク演習X
担 当 者  下村 幸仁/山田 勝美/高木 寛之
開 講 期 後期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
  本演習では、社会福祉士養成課程必修の講義およびソーシャルワーク演習・実習に基づき、これまで学んだミクロ(個人・家族)から、メゾ(小地域・組織)と地域福祉の基盤整備や開発の対象であるマクロレベル(地域・自治体)へと焦点を移した、より実践的かつ統合的な演習とする。
【到達目標】
 (知識・理解)
 @ソーシャルワーク現場実習で学んだ個人・組織(機関・施設)及び地域の事例等を、社会福祉の価値、知識、技術と関連付けて考えることができる。
 A地域で生じている個人、家族等の問題から地域の共通課題を発見し、地域福祉の課題として捉えることができる。
 B地域福祉の推進に向けた住民活動と地域福祉計画等との関連について説明することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 @ソーシャルワーク現場実習の事例検討等により、小グループでの議論を深めることができる。
 A演習課題について、各学生の価値、知識、技術を生かして協働作業を行い、グループごとに問題解決に向かうことができる。
 B地域福祉推進に向けた住民活動やネットワーク形成等の計画を立てることができる。
 (態度・志向性)
 @ミクロからメゾ、マクロレベルのソーシャルワークについて、社会福祉の各分野で学んだ知識等と関連させて演習に取り組むことができる。
 A演習場面で社会福祉の価値や倫理を積極的に活用することができる。
【授業内容】
 1.オリエンテーション(講義の目的、グループ作り等)
 2−3.児童領域における事例検討とスーパービジョン
 4−5.障がい領域における事例検討とスーパービジョン
 6−7.病院における事例検討とスーパービジョン
 8−9.高齢者施設における事例検討とスーパービジョン
 10−11.地域包括支援センターにおける事例検討とスーパービジョン
 12−13.社会福祉協議会における事例検討とスーパービジョン
 14−15.ソーシャルワーク専門職としての専門性の統合を図る
【教育方法】
 ・事例検討方式や小グループでのディスカッションを主として用いる。
【評価方法】
 (知識・理解)
 ・ソーシャルワーク現場実習において経験した個人や地域福祉の事例について、社会福祉の価値、知識、技術に基づきまとめることができた。
 ・地域福祉の推進に向けて住民活動などと関連付けて理解できている。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・グループワークにおいて、他者の価値、知識、技術に配慮しながら協働作業による問題解決ができる。
 ・福祉問題解決に向けて住民活動のネットワーク形成ができる。
 ・これまでのソーシャルワーク演習および実習をふまえ、ソーシャルワークの統合化を図ることができている。
 (態度・志向性)
 ・積極的にグループワーク、事例検討に参画することができる。
【必携図書】
 特にない
【参考図書】
 必要に応じ随時紹介する
【履修上の注意】
 2コマ連続した授業であるので、欠席および遅刻に留意すること。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 「主体的参加なくして学びなし」という姿勢で共に頑張りましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る