戻る

科 目 名  ソーシャルワーク演習W
担 当 者  柳田 正明/下村 幸仁/高木 寛之/山田 勝美
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
 本演習では、社会福祉士必修の講義・演習に基づき、これまで学んだことを確認し、実習にも関連付けて、特にアセスメント、個別支援計画に関わる演習を行う。 また、ジェネラリスト・ソーシャルワークの視点、エンパワメント、ストレングス視点が実践に生きるような事例検討や擬似的な体験を通して、これらを習得する。実習の学びと後期の演習Xのシラバスにある目的にたどりつくように、知識を実践につなげられるようになることを目的とする。
 
 学士力:「知識理解力」「実践力・問題解決力」「人間関係形成力」「思考・技能」「共感的理解力」「地域貢献力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 @アセスメントができる(個別、環境など含む)。
 A個別支援計画をつくることができる。
 B上記@Aをプロセスのなかで認識し、モニタリング、評価をイメージすることができる。
 C擬似的はケース会議を行い、その方法および重要性を認識することができる。
 D擬似的なスーパービジョンを行い、その方法および重要性を認識することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 @事例検討等より、小グループでの議論を深めることができる。
 A演習課題について各学生の価値・知識・技術を生かして協働作業を行い、グループ毎に問題解決をすることができる。
 B地域福祉推進に向けた住民活動やネットワーク形成等の計画をたてることができる。
 (態度・志向性)
 @ミクロからメゾ・マクロレベルのソーシャルワークについて、社会福祉の各分野で学んだ知識等と関連させて演習に取り組むことができる
 A演習場面で社会福祉の価値や倫理を積極的に活用することができる
 
【授業内容】
 演習グループごとに授業内容が多少異なるので以下は一例です。 
 
 1・2.演習TUVの振り返り
 3・4.アセスメント(ジェネラリスト・ソーシャルワークの視点を含む)
 5・6 アセスメント(エンパワメント、ストレングス視点を含む)
 7・8 アセスメントから個別支援計画へ
 9・10 個別支援計画の作成
 11・12 ケース会議、スーパービジョンを通しての検証
 13・14 ソーシャルワークのプロセスからのアセスメント、個別支援計画のレビュー
 15   演習のふりかえり又は成果報告
 
 対象は、社会的排除に関わる事例も含める
【教育方法】
 ・小グループによるディスカッションや協働作業、発表等により演習形式で学ぶ。
 ・事例検討、プログラム活動、ロールプレイ、グループワーク等により考察を深める。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 ・20%
 ・社会福祉現場実習に向けて、社会福祉の価値・知識・技術に基づきまとめることができた。
 ・個別事例を地域福祉に関連付け理解できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・50%
 ・グループワークにおいて他者の値・知識・技術に配慮しながら協働作業による問題解決ができた。
 ・ソーシャルワーク演習T〜Vを踏まえて演習Wを振り返ることができた。
 
 (態度・志向性)
 ・30%
 ・積極的にグループワークに参画することができた。
 ・遅刻・欠席は1回につき5点を減ずる。
【必携図書】
 別途紹介します
【参考図書】
 ・授業で提示します。
【履修上の注意】
 ・ソーシャルワーク演習Wは2コマ続きで実施し、ソーシャルワーク演習Vと連続した内容になって いるので、V・W両方の科目を履修登録すること。社会福祉士必修。 
 ・2コマ続きなので、3回欠席すると自動的に単位資格が消滅するので注意すること。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 演習形式なので積極的に参加するほど成果が得られる科目です。聞いて学ぶだけの講義とは異なり、演習は参加して行う中で援助技術が習得されるます。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る