戻る

科 目 名  ソーシャルワーク演習V
担 当 者  高木 寛之/柳田 正明/大津 雅之/山田 美代子
開 講 期 後期 履修年次 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域課題科目

 
【科目の目的】
 これまで学んだソーシャルワークの講義や演習を基盤にしながら、それらを学生自身が実践の中でどのように活用できるのか演習を通して学び、ソーシャルワーク実践の基礎力を固めることを目的とする。具体的には、個人や家族への支援について、「インテーク」「アセスメント」「支援計画作成」「モニタリング」「評価」「終結」の支援過程を実践できるようにする。合わせて、「社会的排除」「虐待(児童・高齢者)」「家庭内暴力」「低所得者」「ホームレス」等、ソーシャルワーカーの総合的・包括的援助についてその支援過程の理解を深め、社会資源の活用を含めてソーシャルワーク現場実習に役立てることができるようにする。
 
 学士力:「知識理解力」「実践力・問題解決力」「人間関係形成力」「思考・技能」「共感的理解力」「地域貢献力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 (知識・理解)
 1.ソーシャルワークの個別支援過程について、「インテーク」、「アセスメント」、「支援計画作 成」、「モニタリング」、「評価」、「終結」の実際と留意点について事例を通して説明できる。
 2.ソーシャルワークの支援過程において、社会福祉の各分野で学んだ社会資源についての知識を事 例に基づき統合することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.事例に基づき、アセスメントを行い個別支援計画をたてることができる。
 2.小グループによる話し合いや協同作業において、ソーシャルワークの価値・知識・技術を活用し 自己とグループの学びを深めることができる。
 (態度・志向性)
 1.個別支援の実際を、社会福祉の各分野で学んだ知識や実習と結びつけて取り組むことができる。
 2.演習場面で社会福祉の価値や倫理を積極的に活用することができる。
【授業内容】
 演習グループごとに授業内容が多少異なる。
 
 【授業内容例】
 第1・2回 演習の目的・日程等のオリエンテーション、アイスブレイク
 第3・4回 相談援助における面接技術
 第5・6回 事例に基づく個別支援過程の実際@(インテークからアセスメント)
 第7・8回 事例に基づく個別支援過程の実際A(支援計画作成・社会資源の活用)
 第9・10回 事例に基づく個別支援過程の実際B(モニタリングと評価、終結)
 第11・12回 「虐待(児童・高齢者)」「家庭内暴力」等に関するの総合的・包括的援助
 第13・14回 「低所得者」「ホームレス」等に関するの総合的・包括的援助 
 第15回 演習のふりかえり
 
【教育方法】
 小グループによるディスカッションや協同作業、発表等により演習形式で学ぶ。
 プログラム活動、ロールプレイ、グループワーク等により考察を深める。
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 授業姿勢・授業態度・発表・発言60%、提出物30%・レポート10%の合計100%により評価する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業姿勢・授業態度・発表・発言60%、提出物30%・レポート10%の合計100%により評価する。
 (態度・志向性)
 授業姿勢・授業態度・発表・発言60%、提出物30%・レポート10%の合計100%により評価する。
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 ・「2015年度版医療福祉総合ガイドブック」NPO法人日本医療ソーシャルワーク研究会編集、医学書 院
 ・「ソーシャルワーク演習のための88事例」田中英樹・中野信彦編 中央法規(2013)
 ・「社会福祉士相談援助演習」社団法人社会福祉士養成校教会監修 中央法規(2009)
 
【履修上の注意】
 社会福祉士必修
 本演習はソーシャルワーク演習T〜Xまで連続した内容の一部となっている。
 これまでに学んだ社会福祉士必修科目を十分に理解して授業に臨むことが望ましい。
 2コマ続きで実施するため、3回欠席すると自動的に単位資格が消滅するので注意する。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 演習形式なので積極的に参加するほど成果が得られる科目である。
 これまで講義や演習で学んだことを、より現実的な場面や事例を通して理論と実践を結びつけ、社会福祉士実習にも活用できるよう学んでいきましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る