戻る

科 目 名  ソーシャルワーク援助技術論W
担 当 者  高木 寛之
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 ソーシャルワーク援助技術論Wでは、次の4点について理解することを目的とする。
 @ 相談援助における個人情報保護と情報通信技術の活用について理解する。
 A 集団を活用した相談援助の方法、特徴、支援の展開について理解する。
 B 地域を基盤としたソーシャルワークにおける多職種連携のあり方について理解する。
 C ソーシャルワークにおける事例分析について、その意義や方法について理解する。
 
 学士力:「知識理解力」「共感的理解力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 @ 集団を活用した相談援助の方法、特徴、支援の展開について理解し、説明できる。
 A ソーシャルワークにおける多職種連携のあり方について理解し、説明できる。
 B 相談援助における個人情報保護と情報通信技術の活用について理解し、説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 @ ソーシャルワークにおける事例分析について、その意義や方法について理解し、実際の事例を分析することができる。
 (態度・志向性)
 @ ソーシャルワーカーとしての分析視点について、関連する専門用語を使用し、根拠を示して明確に伝えることができる。
 A ソーシャルワーク援助技術論Wで学んだ内容について、他者に伝えることができる。
 
【授業内容】
 第1回 授業の概要と目的・目標 
 第2回 相談援助における個人情報の保護と情報通信技術の活用
 第3回 事例研究・分析の意義と目的
 第4回 事例分析の方法と専門的援助の視点
 第5回 集団を活用した相談援助の意義と方法
 第6回 集団を活用した相談援助の実際
 第7回 地域を基盤としたソーシャルワークにおけるネットワーキングの実際
 第8回 地域を基盤としたソーシャルワークにおける多職種連携の方法
 第9回 地域を基盤としたソーシャルワークにおける多職種連携におけるソーシャルワーカーの機能
 第10回 事例分析 支援困難事例 共依存 希死念慮 終末期
 第11回 事例分析 支援困難事例 ゴミ屋敷 近所トラブル 軽度認知障害
 第12回 事例分析 支援困難事例 サービス拒否 親族間対立 経済的虐待
 第13回 事例分析 支援困難事例 専門職としての価値と視点
 第14回 地域を基盤としたソーシャルワークの実際
 第15回 ソーシャルワーク援助技術論Wでの学びのまとめ
 
 【時間外の学修】
 グループでの事例分析を行います。
【教育方法】
 テキストや視覚教材による講義とグループ学習を通して学びを深めていく。特に、グループ学習においては、学生の積極的な参加が望まれる。
【評価方法】
 (知識・理解)
 試験:40% 指定された基準を満たしていることを条件とする。
 小テスト:30% 指定された基準を満たしていることを条件とする。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 レポート:10% 指定された基準を満たしていることを条件とする。
 (態度・志向性)
 報告:10%
 自己評価:10%
 
【必携図書】
 新・社会福祉士養成講座8「相談援助の理論と方法U 第2版」(中央法規)2,808円(税込)
【参考図書】
 岩間伸之・原田正樹「地域福祉援助をつかむ」(有斐閣)2,100円(税別)
 岩間伸之「支援困難事例と向き合う―18事例から学ぶ援助の視点と方法」(中央法規)2,160円(税込)
 
【履修上の注意】
 社会福祉士必修科目
 グループへの課題、個人へのレポート課題を出題する。これらの課題は、事前学習、事後学習とリンクしているので必ず提出すること。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 地域を基盤としたソーシャルワークについて知識を得るだけなく、実際に自身が行うという実践を見据えながら学んでいきましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る