戻る

科 目 名  ソーシャルワーク援助技術論V
担 当 者  山田 勝美
開 講 期 後期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  本講義目的を以下のとおり設定する。
 @ 相談援助における援助関係の構成要件とその重要性を理解する。
 A アセスメントと支援計画の策定のあり方について理解する。
 B   施設におけるソーシャルワークのあり方について理解する。
 C 援助者を支援する手段としてのスーパービジョン、コンサルテーションのあり方について理解する。
 
 学士専門力:「知識理解力」「思考・技能」「共感的理解力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 利用者と援助関係を成立させるための構成要件、利用者のニーズを客観性をもって捉えられる知識の獲得、および職員を支える機能としてのスーパービジョン、コンサルテーションを理解する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 利用者といかにして援助関係を成立しうるか、またその関係を前提としたアセスメントおよび支援計画の立案の仕方について言語化できるようになる。また、施設におけるソーシャルワークについて、そのあり方を説明できるようになる。スーパービジョンやコンサルテーションの必要性とその展開について見解を述べることができる。
 (態度・志向性)
 利用者とよりよい関係性を育むための態度および客観性をもったアセスメント能力の体得、ソーシャルワーカーとしてよりよいスーパービジョンやコンサルテーションを展開するための態度を獲得する。
【授業内容】
 @ オリエンテーション:講義の目的と方法
 A 相談援助における援助関係:構成要件について
 B   相談援助における援助関係:援助者は援助関係をいかに捉えるべきか
 C   アセスメントと支援計画:ソーシャルワーク理論との関係から
 D   アセスメントと支援計画:立案とその評価
 E   アセスメントと支援計画:事例を用いながら検討を図る
 F   施設におけるソーシャルワーク:生活場面面接等、日常生活におけるソーシャルワーク
 G   施設におけるソーシャルワーク:運営管理としてのソーシャルワーク
 H   施設におけるソーシャルワーク:アストリーチを含む地域支援
 I 援助者を支援するスーパービジョン:スーパービジョンの必要性と機能
 J 援助者を支援するスーパービジョン:スーパービジョンの形態
 K 援助者を支援するスーパービジョン:スーパービジョンの展開
 L 援助者を支援するスーパービジョンの実際
 M 援助者を支援するコンサルテーション
 N 講義のまとめ
 
 〈授業外の学修)次回行う授業内容について、各授業終了時にアナウンスするので、テキスト該当頁を読み込んで、授業に参加すること。
【教育方法】
 事例を交えたり、映像を用いたりする等、より理解が深められるよう工夫したい。
 
 
 〈実務経験のある教員による教育方法)
  児童養護施設における児童指導員および施設長経験を活かしながら、学生の理解がより深められるよう、適宜事例等を用いながら、講義を展開していきたい。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験70%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業ごとの感想において、自分の意見を論理的に述べることができる。30%。
 (態度・志向性)
 授業を「傍観者」として参加するのではなく、自らの課題として引き受ける態度で臨んでいる。
【必携図書】
 『相談援助の理論と方法U』中央法規出版
【参考図書】
 授業で随時紹介する
【履修上の注意】
 主体的な参加を求めます。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 共に学びを深めていきましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る