戻る

科 目 名  ソーシャルワーク援助技術論U
担 当 者  大津 雅之
開 講 期 前期 履修年次 2 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 専門職として、「ソーシャルワークの事例にどのように向き合うか?」「ソーシャルワークをどのようなプロセスで進めるか」「ソーシャルワークの場面にソーシャルワークの知識・価値・技術、及び実践モデルやアプローチはどのように活用できるか」等について、実際のソーシャルワーク場面や具体的事例を通して考察する。そして、支援開始から終結までの相談援助の流れの中で、ソーシャルワークの理論や知識等を活用し、根拠に基づいた実践を行うための基礎力を養成することを目的とする。
 
  学士力:「知識理解力」「思考・技能」「共感的理解力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 @ソーシャルワークにおける人と環境の関係性をジェネラリスト・ソーシャルワークの枠組を活用して説明することができる。
 Aソーシャルワークの援助過程において、ソーシャルワークの実践モデルやアプローチの活用について説明することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ソーシャルワークのプランニングについて、その考え方や作成方法等を具体的事例から理解し、自身で(簡単な)計画書を作成することができる。
 
 (態度・志向性)
 毎回の授業におけるコメントカードに質問や考察および感想を記入することができる。
 (特に毎授業のテーマが定められているので、そのテーマにおける自身の考え方を持てるようにしてほしい)
【授業内容】
 第1回.相談援助における対象のとらえ方
 第2回.ジェネラリスト・ソーシャルワークにおける実践モデルやアプローチの位置づけ
 第3回.ケースマネジメントとケアマネジメントの相違
 第4回.様々なSWアプローチ理論とSWアプローチ理論のベースとなるモデル
 第5回.事例に基づくソーシャルワーク・プロセス
 第6回.事例に基づく医学的アプローチの活用(前半)
 第7回.事例に基づく医学的アプローチの活用(後半)
 第8回.事例に基づく生態学的アプローチの活用(前半)
 第9回.事例に基づく生態学的アプローチの活用(後半)
 第10回.事例に基づくストレングスアプローチの活用(前半)
 第11回.事例に基づくストレングスアプローチの活用(後半)
 第12回.事例に基づく社会資源(ソーシャルサポート)の開発
 第13回.事例に基づくソーシャルワークに必要なその他のテクニック
 第14回.事例に基づくプランニングの実際
 第15回.総括
 
 【授業外の学修】
 必携図書である『新・社会福祉士養成講座8 相談援助の理論と方法U』(中央法規)を半期の間にすべて通読するようにしてください。授業は当該図書の幹の部分で展開されていますし、ソーシャルワークの基本がわかりやすく書かれていますので、各自で時間を定め、最低でも1回は読破するようにしてください。
 
【教育方法】
 テキスト・配布資料・視聴覚教材を使用しながら、講義方式で進める。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 知的障害者入所施設等の福祉現場に従事した経験や日頃山梨県内の福祉実践者の方々との交流等か得られているものも含め、テキスト等の説明を砕いてお伝えできるよう指導します。
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験 60%
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 (知識・理解) に示した定期試験のうちに含む。
 (態度・志向性)
 コメントカードの提出20%
 コメントカードの内容20%
【必携図書】
 『新・社会福祉士養成講座8 相談援助の理論と方法U』(中央法規)
【参考図書】
 【必要な参考図書】
 ・『新・社会福祉士養成講座7 相談援助の理論と方法T』中央法規(1年次使用)
 ・『社会福祉用語辞典[第9版]』ミネルヴァ書房(1年次の参考図書)
 
 【推薦する図書・・・ただし高価なのでまずは図書館等で各自ご確認ください】
 ・田中秀樹・中野伸彦編「ソーシャルワーク演習のための88事例―実践につなぐ理論と技法を学ぶ」(中央法規)
 ・久保 紘章・ 副田 あけみ「ソーシャルワークの実践モデル(川島書店)
 ・山辺朗子「ジェネラリスト・ソーシャルワークの基盤と展開」(ミネルヴァ書房)
 ・パメラ・トレビック著杉本敏夫監訳「ソーシャルワークスキル〜社会福祉実践の知識と技術〜」(みらい)
 
【履修上の注意】
 授業内容に関する質問・意見・感想等は、授業で配布するコメント用紙に記入するようにしてください。とくにコメント用紙に書かれた内容等で重要なものは、みなさんと共有しますので、コメント用紙への記入は必ず行うようにしてください。
 *コメントカードへのコメントが未記入の場合は欠席扱いとすることもあります。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ソーシャルワークは経験や勘だけで実践するものでありません。
 欧米のソーシャルワーカーや研究者たちが残した成果より、日本の実践にもそれらを活かせることを学んでいきましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る