戻る

科 目 名  生活支援基礎(CW)
担 当 者  伊藤 健次/鳥居 美佳子/齊藤 秀子/雨宮 邦子/久保田 好正
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 自律・自立を尊重し、潜在能力を引き出したり、見守ることも含めて適切な介護技術の習得、および安全に援助できる技術の習得への応用、発展を図る基礎的な知識を習得することを目的とする。具体的には、生活支援の考え方、知識や技術について説明、家政学の観点から、衣生活、食生活、住生活についての介護にかかわる基礎的事項、技術について概説する。
 学士力:知識理解力、思考・技能、態度・指向性
【到達目標】
 (知識・理解)
 生活支援、衣生活、食生活、住生活に関して基礎的事項について理解し、説明できる。
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 生活支援、衣生活、食生活に関し、要援助者への福祉的支援の立場からの思考、支援の技術について、身に着ける。
 (態度・志向性)
 生活支援、衣生活、食生活、住生活に関し、基礎的な事項について、要援助者への福祉的支援の立場から論じ、実践できる態度を身に着ける。
【授業内容】
 第1回 生活支援の考え方(生活とはなにか?、生活を構成する要素)
 第2回 生活支援のための知識や技術その1(生活支援の考え方、生活支援と介護、ICFとは)
 第3回 生活支援のための知識や技術その2(ICFの視点から生活をみる)
 第4回 衣生活の意義、人にやさしい衣服素材とは
 第5回 繊維の種類と衣類素材(天然繊維、化学繊維、織物と編み物) 
 第6回 ユニバーサルデザインと衣服(ユニバーサルデザインとその衣服への応用)
 第7回 衣服修繕の基礎的技術(手縫い、ミシン縫い等)
 第8回  
 第9回  
 第10回 
 第11回 
 第12回 食生活支援と家計・家族・地域
 第13回 高齢者・要介護者対応食(成分コントロール食、介護食)
 第14回 調理の基本(衛生管理、配膳、献立作成)
 第15回 食生活支援のまとめ(留意点と課題)
  
 【授業外の学修】
 介護 :第3回終了後、授業内容を踏まえたレポートの作成
 衣生活:
 食生活:事前に配付された資料を読み、実習内容を把握して授業に臨む。授業後は、「食生活による生活支援の役割と課題」についてレポートを作成し提出する
 住生活:
【教育方法】
 複数の教員が分担してオムニバス形式の授業を行う。
 第1回〜3回介護(伊藤)
 第4回〜6回衣生活(斉藤)・第7回(雨宮) パワーポイントを用いた講義形式及び実習。
 第8回〜11回食生活(鳥居)資料およびワークシートを提供し、グループディスカッションを取り入れながら、主体的に学ぶ形式で進める。
 第12回〜15回住生活(久保田)
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 介護 :介護施設での実務経験を活かして、施設での生活の具体的イメージも描けるように
     教育を行う
 衣生活:
 食生活:医療機関の管理栄養士としての実務経験(2000〜2005年)を活かして、高齢者や疾病者等、配慮の必要な対象者の食生活支援について、理論と実践を統合させて講義する
 住生活:
【評価方法】
 (知識・理解)
 [介 護]レポート70%
 [衣生活]試験50%
 [食生活]小試験50%、レポート20%
 [住生活]レポート70%
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 [介 護]授業態度30%
 [衣生活]実習製作品 20%
 [食生活]発表・討議20%
 [住生活]授業態度30%
 (態度・志向性)
 [介 護]授業態度30%
 [衣生活]授業態度20%、自己評価レポート10%
 [食生活]授業態度自己評価10%
 [住生活]授業態度30%
【必携図書】
 特になし。
【参考図書】
 必要に応じ授業時に指定する。 
【履修上の注意】
 介護福祉士必修
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る