戻る

科 目 名  ケア技術演習
担 当 者  伊藤 健次
開 講 期 後期 履修年次 1・2 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 基本的なケア技術の実施を体験し、その原理について理解することを目的とする。単純に技術の取得を目指すのではなく、他者に触れること、触れられることを通して介護とは何かを感じ、考え、具体的・体験的に理解できるよう教授する。
 
 学士力:「知識理解力」「実践力・問題解決力」「思考・技能」「共感的理解力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 1:「仰臥位から端座位」「椅子からの立ち上がり」の介助動作の原理を理解し、説明できる
 2:上記2つの介助動作の手順を記述することができる
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1:学習した内容を自分なりの表現でリアクションペーパーに記入することができる
 2:要介護者の状態を想像し、その状態への介助を原理に基づいて考えることができる
 (態度・志向性)
 1:動作介助を通じて「触れること」「触れられること」を意識し、積極的に介助動作演習に参加することができる
 2:リアクションペーパーを次回授業の前日までに提出することができる
【授業内容】
 1:オリエンテーション
 2:基本動作の理解@ 立ち上がり動作の理解
 3:基本動作の理解A 寝返り動作・起き上がり動作の理解
 4:基本動作の理解B 要介護状態での基本動作の理解
 5:基本動作の介助方法
 6:車椅子の操作法
 7:移乗動作の介助@ 基本動作を活用したトランスファーの基本
 8:移乗動作の介助A トランスファーの応用
 9:移動介助の基本@ ベッド上での移動介助の基本
 10:移動介助の基本A 福祉用具を活用した移動介助
 11:移動介助の基本B 仰臥位から端坐位への介助
 12:移動介助の基本C 仰臥位から端坐位への介助の応用
 13:移動介助のまとめ これまでの内容の復習・反復
 14:苦手な介助動作の復習 実施した各種の介助の苦手部分を再度実施する
 15:援助動作全体のチェック
 
 【授業外の学修】
 毎回の学習内容をリアクションペーパーにまとめ、理解を深めた上で次回に参加すること。
 各回の演習内容の参考図書該当ページを提示するのでより深めたい場合は参照すること。
【教育方法】
 この時間のなかでは技術を習得することは難しいですが、実際に体を動かして感じて考えていく方法をとりますので、主体的な参加が大前提になります。
 単に技術を学ぶだけでなく、学生同士でお互いをモデルとして相手に触れること、触れられることを意識しながら、援助の受け手の立場も含めてアクティブラーニング形式で学習していきます。
 動作のポイント、気づきなどの実施内容はグループごとにホワイトボードに記入し、その内容をもとに各自が自分のリアクションペーパーを記載し提出します。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 教員の資格:介護福祉士・社会福祉士として特別養護老人ホームで勤務
 具体的な教育内容:実務経験を活かして、テキストに記載されていない具体的なポイント
 についても体験できる授業を行います。
【評価方法】
 (知識・理解)
 テスト(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 リアクションペーパー(20%)、テスト(10%)
 (態度・志向性)
 演習への参加状況(グループへの貢献・身だしなみ・演習態度など)(30%)、
 リアクションペーパー(10%)
【必携図書】
 指定しない。必要に応じ資料を配付する。
【参考図書】
 北田信一著 『目で見てわかる最新介護術』(成美堂)2017
 大田仁志著 『完全図解 新しい介護 全面改訂版』(講談社)2014
【履修上の注意】
 ◎介護福祉士課程履修者は「生活支援技術T(移動)」を履修すること
 ◎講義中は学生同士でペアになり、身体介護の練習を行うため、介護動作に適した服装で
  参加すること(スカート、はだけやすい服、ヒールの高い靴などは厳禁)
 ◎30分以上の遅刻は欠席扱いとする
 ◎更衣が必要な場合は介護実習室隣の更衣室が使用可能
 ◎更衣や、長い髪を結わえる等の用意は講義開始までに済ませておくこと
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ◎演習形式で行うため、見ているだけ、聞いているだけでは学習になりません。積極的な参加をお願いします。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る