戻る

科 目 名  ソーシャルワーク演習T福コミュ及び形成SW
担 当 者  大津 雅之/柳田 正明/石垣 千秋/山田 真由美
開 講 期 前期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 これまでのとくにソーシャルワーク援助技術論Tで学んだことをふまえ、それらを小グループによる演習を通して実践・体験することを目的とする。
 具体的には、福祉サービスを利用する人たちへの支援者として、@自分自身への理解を深め、A自分以外の人々(他者)への理解を深め、B自分を表現し他者の話を聴くコミュニケーション力を高め、C援助関係の基盤となる信頼関係形成の過程を学ぶことを目的とする。
 
 学士力:「知識理解力」「実践力・問題解決力」「人間関係形成力」「思考・技能」「共感的理解力」「地域貢献力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 @相談援助における自己理解・他者理解の重要性を理解することができる。
 A言語・非言語コミュニケーションの種類と内容について述べることができる。
 B援助関係の基盤となる信頼関係形成過程とその原則について説明することができる。
 C@〜Cを「バイステックの7原則」と絡めて説明することができる。
 
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 @自己と他者を多面的に理解し受容することができる。
 A自分を表現し他者の話を聴くコミュニケーション力を高めることができる。
 B信頼関係形成のために言語・非言語コミュニケーションを実際の場面で活用することができる。
 C@〜Cを「バイステックの7原則」と絡めて考察することができる。
 
 
 
 (態度・志向性)
 @自分自身への気づきや理解を深めることができる。
 A言語・非言語コミュニケーションにより他者への理解を深めることができる。
 B相談援助の専門職として信頼関係形成のための態度や姿勢を身につけることができる。
 C@〜Cを「バイステックの7原則」と絡めて深めることができる。
 
【授業内容】
 演習グループごとに授業内容が多少異なるので以下は一例です。
 
 第1・2回   演習目的・日程等のオリエンテーション・アイスブレイク
 第3・4回   グループによる自己理解・他者理解のアクティビティ
 第5・6回   言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションの実際
 第7・8回   傾聴・エコマップ・ジェノグラムによる自己理解・他者理解
 第9・10回  「バイステックの7原則」の活用
 第11・12回  映画に学ぶ多様な人生と生き方
 第13・14回 記録の書き方
 第15回    演習の振りかえり
 
【教育方法】
 小グループにより、参加型演習形式。
 DVDによるソーシャルワーク専門技術のデモンストレーション確認等を行い、そのうえで、実際の体験やプログラム活動、ロールプレイ、グループワーク等を行いながら考察を深める。
【評価方法】
 (知識・理解)
 授業姿勢・授業態度・発表・発言60%、提出物30%・レポート10%の合計100%により評価する。但し、遅刻は1回につき5点を減ずる。
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 「ケースワークの原則−援助関係を形成する技法ー」F・P・バイスティック著 尾崎新他訳 誠信書房
 「マイクロカウンセリング―"学ぶ‐使う‐教える"技法の統合:その理論と実際」アレン・E・アイビー著.福原真知子他訳 川島書店
 「相談援助記録の書き方―短時間で適切な内容を表現するテクニック―」八木亜希子著 中央法規
 
【履修上の注意】
 ソーシャルワーク総論、ソーシャルワーク援助技術論Tを十分に理解して授業に臨むこと。
 また演習形式なので、みなさんの積極的・主体的な参加に期待します。
 毎回2コマ続きでソーシャルワーク演習Uと連続した内容になっています。
 社会福祉士必修
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ソーシャルワークが「わかることと」と、「できること」の差を体験してください。
 講義で理解したことを実際に行い、ソーシャルワークの難しさと面白さを感じ、次の段階へつなげることを期待しています。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る