戻る

科 目 名  ソーシャルワーク総論T
担 当 者  山田 勝美
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

PSW必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 本講義目的を以下の通り設定する。
 @ ソーシャルワークの基本原理・原則を理解する。
 A ソーシャルワークの形成過程を理解する。
 B ソーシャルワークにかかわる今日的課題と役割を理解する
 
 学士専門力:「知識理解力」「思考・技能」「共感的理解力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 ソーシャルワークの存立理由やワーカーとして身に着けるべき原理原則を理解できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ソーシャルワーカーとしてのあるべき態度を実践しうる。
 (態度・志向性)
 ソーシャルワーカーとしての客観的態度を維持し、クライエントのニーズを志向する姿勢を獲得する。
【授業内容】
 @ オリエンテーション:講義の目的と方法
 A ソーシャルワークの基本原理:人を援助するということ
 B ソーシャルワークの基本原理:理念―その1−
 C ソーシャルワークの基本原理:理念−その2−
 D ソーシャルワークの基本原理:理念―その3−
 E ソーシャルワークの基本原理:援助の対象
 F ソーシャルワークの形成過程:その1
 G ソーシャルワークの形成過程:その2
 H 社会福祉士と精神保健福祉士の役割と意義
 I ソーシャルワークと権利擁護
 J ソーシャルワークと専門職
 K ソーシャルワーカーの専門職倫理と倫理的ジレンマ
 L 多職種連携
 M 講義のまとめ:その1・事例を用いてソーシャルワーカーのあるべき姿を考える
 N 講義のまとめ:その2・事例を用いてソーシャルワーカーのあるべき姿を考える
 
 【授業外の学修】
  各授業毎に関連したテキストの該当頁について、事前に読み込んで授業に参加すること。
【教育方法】
 事例を交えたり、映像を用いたりする等、より理解が深められるよう工夫したい。
 毎回授業終了時にコメント票を配布する。履修者から寄せられた質問・意見を次回の授業開始時にお応える。可能な限り、双方向の授業展開を意識する。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 ・教員による実務経験:元児童養護施設児童指導員並びに施設長
 ・上記の実務経験を授業に反映させながら講義を展開する。」。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 知識・理解:定期試験(70%)
 
 
 (態度・志向性)
 態度・志向性:コメント票の記載内容(30%)
【必携図書】
 『相談援助の基盤と専門職』中央法規出版
【参考図書】
 授業で随時紹介する
【履修上の注意】
 主体的に考え、理解しようとする態度を維持することが大切です。
 
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 授業ごとに何を感じ取るかがとても重要です。理解できたこと、わからないことも含め、教員にフィードバックしてもらうことで、講義を共に進めていきたいと思っています。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る