戻る

科 目 名  ソーシャルワーク援助技術論T
担 当 者  大津 雅之
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 @ ソーシャルワークの基本に関する理解を深める。
 A 社会福祉士を中心とした福祉専門職の専門性に関する理解を深める。
 B 自己覚知に関する理解を深める。
 
  学士力:「知識理解力」「思考・技能」「共感的理解力」「態度・志向性」
【到達目標】
 (知識・理解)
 @ソーシャルワークの基本を理解し、説明できる。
 Aソーシャルワーカー(社会福祉士)の専門性を理解し、説明できる。
 B社会福祉士と関連する他の専門職との専門性を比較し、その違いを説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 自己覚知の原則を理解し、活用するための力を得ることができる。
 (態度・志向性)
 毎回の授業におけるコメントカードに質問や考察および感想を記入することができる。
 (特に毎授業のテーマが定められているので、そのテーマにおける自身の考え方を持てるようにしてほしい)
【授業内容】
 第1回 オリエンテーション
     個人と社会との関係性
 
 第2回 プロセスで捉えるソーシャルワーク
  フォーマルな社会資源とインフォーマルな社会資源
 
 第3回 ソーシャルワークにおける面接の実際:導入(ビデオ学習)
 
 第4回 ソーシャルワークにおける面接の実際:展開(ビデオ学習)
 
 第5回 専門職としての福祉実践
 
 第6回 ソーシャルワークの基本的枠組みにおける「ソーシャルワーカーに必要な技術」
 
 第7回 ソーシャルワークの基本的枠組みにおける「ソーシャルワーカーに必要な知識」
 
 第8回 ソーシャルワークの基本的枠組みにおける「ソーシャルワーカーに必要な価値」
 
 第9回 ソーシャルワークの展開過程における援助関係の形成と「自己覚知」
     スーパービジョン(ビデオ学習)
 
 第10回 ソーシャルワークの展開過程と「自己覚知」:インテーク編
 
 第11回 ソーシャルワークの展開過程と「自己覚知」:アセスメント・プランニング編
 
 第12回 ソーシャルワークの展開過程と「自己覚知」:支援の実施編
 
 第13回 ソーシャルワークの展開過程と「自己覚知」:モニタリング編(ビデオ学習)
 
 第14回 ソーシャルワークの展開過程と「自己覚知」:支援の終結編
 
 第15回 補足説明とふりかえり
 
 
 【授業外の学修】
 必携図書である『新・社会福祉士養成講座7 相談援助の理論と方法T』中央法規を半期の間にすべて通読するようにしてください。授業は当該図書の幹の部分で展開されていますし、ソーシャルワークの基本がわかりやすく書かれていますので、各自で時間を定め、最低でも1回は読破するようにしてください。
 
 
【教育方法】
 テキスト・配布資料・視聴覚教材を使用しながら講義方式で進める。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 知的障害者入所施設等の福祉現場に従事した経験や日頃山梨県内の福祉実践者の方々との交流等か得られているものも含め、テキスト等の説明を砕いてお伝えできるよう指導します。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 レポート60%
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 (知識・理解) に示したレポートのうちに含む。
 (態度・志向性)
 コメントカードの提出20%
 コメントカードの内容20%
【必携図書】
 『新・社会福祉士養成講座7 相談援助の理論と方法T』中央法規
【参考図書】
 この授業は1年次から開講されていますので、とくに初学者にとって難解な専門用語が頻繁に出てくることと思います。他の授業等で指定されているものでもかまいませんので、各自、使いやすい『福祉辞典』や『福祉用語集』を1冊準備しておいてください。
 ただし、これから購入予定の方や何を購入すべきか迷われる方には以下の【推薦する用語集】の購入をお願いします。
 
 【推薦する用語集】
 『社会福祉用語辞典[第9版]』ミネルヴァ書房(本体2,200円+税)
 
 
【履修上の注意】
 授業内容に関する質問・意見・感想等は、授業で配布するコメント用紙に記入するようにしてください。とくにコメント用紙に書かれた内容で重要なものは、みなさんと共有しますので、コメント用紙への記入は必ず行うようにしてください。
 *コメントカードへのコメントが未記入の場合は欠席扱いとする場合もあります。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 「ソーシャルワーク援助技術論T」という授業は、「ソーシャルワークおよびソーシャルワーカーとはいかなるものか」という最も基礎的な部分を理論的に学ぶ内容で構成されています。
 しかし、この授業では、理論を学ぶことと並行させながら、事例を扱いそれらの理論と照合させることも大切にしていきたいと考えています。
 また、この授業では、「自己覚知」という概念を使いながらソーシャルワークの展開過程をお伝えできればと考えています。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る