戻る

科 目 名  人間発達と心理T
担 当 者  玉井 邦夫
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 人間の成長と発達の過程における、身体的・心理的・社会的変化及び廊下が生活に及ぼす影響を理解し、ライフサイクルの特徴に応じた生活を支援するために必要な基礎的な知識を習得する学習とする。
 学士専門力:「知識 理解力」「思考・技能」「共感的理解力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 人間の発達過程について、心身両面の変化について基礎的な知識を習得し、ライフステージごとの発達課題について説明することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 自らの体験を人間発達の全般的知識と照合することで、自らの心理的特徴について理解し、説明することができる。
 (態度・志向性)
 他者の生活史や価値観について、人間の多様性を許容する立場から考察し、共感的に理解しようとする。
【授業内容】
 1. 授業オリエンテーション
 2. 心理学とは何か? 心理学的人間理解の論理
 3. 心理学の基本的理解:@ 感覚・知覚の特性と発達
 4. 心理学の基本的理解:A 認知・記憶の特性と発達
 5. 心理学の基本的理解:B 学習論の基礎 〜学習の連合説と認知説〜
 6. 心理学の基本的理解:C 学習論の対人支援的応用
 7. 心理学の基本的理解:D 知能の特性と発達
 8. 心理学の基本的理解:E 人格と特性と発達
 9. 心理学の基本的理解:F 情動・欲求・動機づけ
 10. 心理学の基本的理解:G 社会心理学・対人行動(その1)
 11. 心理学の基本的理解:H 社会心理学・対人行動(その2)
 12. こころの問題に対する理解と援助方法@
 13. こころの問題に対する理解と援助方法A
 14. 人間の生涯発達的理解について
 15. 総括
【教育方法】
 講義形式による。
【評価方法】
 (知識・理解)
 ペーパーテストにおける知識定着確認の課題(50%)により評価する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ペーパーテストにおける論述確認の課題(30%)により評価する。
 (態度・志向性)
 授業への参加態度と期中レポート(20%)により評価する。
【必携図書】
 特に指定しない。
【参考図書】
 特に指定しないが、質問に応じて講義の中で適宜紹介する。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 基礎的な知識の習得を重視する科目なので、講義で説明される多くの専門用語や概念について着実に理解してもらいたい。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る