戻る

科 目 名  子どもの人権
担 当 者  高石 啓人
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 本講義では子どもをめぐる深刻な状況を踏まえ、子どもを支援する際に必要な考え方である「子どもの権利」について学ぶことを目的とする。
 
 学士専門力:「知識・技能・教養」「 専門的知識・技術力」「実践力・問題解決力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 子どもを取り巻く状況を理解し、「子どもの権利」について、必要な基礎知識を身につけることが出来る。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 実際の事例を通して、子どもの権利条約に基づいた支援を分析・考察することが出来る。
 (態度・志向性)
 子ども支援を考える際に、子どもの権利条約に基づいた考え方が出来るようなる。
【授業内容】
 以下の授業内容を予定している。なお、授業内容は受講生の興味関心に基づき、変更の可能性もある。
 
 第1回 オリエンテーション
 第2回 子どもを取り巻く困難
 第3回 子どもの権利とは
 第4回 子どもの権利条約の概要と特徴
 第5回 子どもの権利条約をめぐる日本の状況の概要
 第6回 子どもの権利の歴史(第2二次世界大戦前後を中心に)
 第7回 子どもの権利条約の一般原則
 第8回 子どもの権利条約をめぐる制度
 第9回 子どもの権利を守る機関について
 第10回 子どもの権利条約の理解 ―最善の利益を中心にー
 第11回 子どもの権利条約の理解 ―子どもへの暴力・虐待を中心に―
 第12回 子どもの権利条約の理解 ―障害のある子どもを中心に―
 第13回 子どもの権利条約の理解 ―司法分野を中心に―
 第14回 子どもの権利条約の理解 ―児童労働・性的搾取を中心に―
 第15回 子どもの権利のまとめ  ―Child Friendly Citiesを中心に―
 
 【授業外の学修】
  ・実際に起きている事例を取り扱うため、それらに関するボランティア等に参加すること。
  ・各分野の基礎知識を前提としているので、分からない分野に関しては予習・復習を行うこと。
  ・英語の資料を使用することがある。分からない場合は予習・復習を行うこと。
 
【教育方法】
 講義が中心ではあるが、毎授業ごとに、テーマ・事例に基づいたディスカッションを行う。
 また毎授業ごとに、コメントペーパーの提出がある。
  配布資料、映像教材、行政統計等を利用する。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 スクールソーシャルワーカー:東京都町田市教育委員会勤務、 社会福祉士
  スクールソーシャルワーカーとしての実務経験を活用し、子どもの権利をめぐる状況、支援の方法について講義を行う予定である。
  ゲストスピーカーの招聘も検討している。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 レポート 60%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業への参加度(ディスカッション等)20%
 (態度・志向性)
 コメントペーパー 20%
【必携図書】
 指定しない
【参考図書】
 川名はつ子監修 『はじめまして、子どもの権利条約』東海教育研究所
 喜多明人ら編集 『逐条解説 子どもの権利条約』日本評論社
 
【履修上の注意】
 特に設けないが、様々な分野を扱うため、教職課程、保育士養成課程、社会福祉士養成課程等で子どもに関わる基礎科目を履修していることが望ましい。
 ディスカッションやボランティアの参加等、授業内外を問わず、自主的な姿勢が求められる。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 権利というと難しそうですが、自身をテーマに考えても様々なことが見つかると思います。
 様々な視点から考えて行きましょう。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る