戻る

科 目 名  看護管理学特別研究
担 当 者  山田 光子
開 講 期 通年 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

8

時 間 数

240

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 看護管理学特論T〜W,看護管理演習の学修をふまえ,看護管理分野における研究課題について研究計画を立案し実施する。
   本プロセスの学習を積み重ね看護の向上や看護管理に貢献しうる研究論文を作成する。
【到達目標】
 (知識・理解)
 1)看護管理学分野における実践上の課題と関連付け,自己の研究について説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 2)看護管理学の発展や専門知識・技術の向上,発展を図るために,科学的思考および論理的思考に基づいた研究活動を行うことができる。
 3)看護管理上の諸問題を「管理・組織・システム」の問題として捉え,研究論文を記述することができる。
 (態度・志向性)
 4)看護管理実践において,変革・展望・開発の意識を持ち,倫理観に基づいた研究的態度を身につけることができる
【授業内容】
  1. 研究テーマの検討
      文献レビューおよび文献クリティーク,文献リストの作成
  2. 研究テーマの検討
      文献クリティークを行いながら研究テーマを決定する
  3. 研究テーマの絞り込み
      研究テーマの妥当性,実現可能性の検討
  4. 研究テーマの決定
  5. 研究の信頼性,妥当性の検討
  6. 研究倫理審査申請書の作成
  7. 研究の実施(データ収集)
  8. 研究の実施(データの集計)
  9. 研究の実施(データ解析,データ解釈の検討)
  10. 研究結果のまとめ
  11. 考察の検討
  12. 論文作成
  13. 論文審査
  14. 論文発表,研究結果のプレデンテーション
【教育方法】
 論文検索、研究テーマに関連した文献クリティークを十分に行い,自己の研究計画書の作成プロセスについて学修するアクティブラーニングである。
  分権クリティーク,研究計画検討は,グループディスカッションを行い検討する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 修士論文審査の評価基準に基づく審査により合否を決定する。
  文献クリテーク、プレゼンテーションの内容(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 文献クリティーク,修士論文としての完成度,臨床適用の度合い(50%)
 (態度・志向性)
 授業参加の状況、グループディスカッション (20%)
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 看護管理学の実践に資する論文論述は国内外の論文を幅広くクリティークすることが大切です。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
  時間管理,ストレス管理をしましょう。
  質問などはe-mail でお願いします。 
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る