戻る

科 目 名  感染看護学特別研究
担 当 者  平尾 百合子
開 講 期 通年 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

8

時 間 数

240

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 現状における感染の問題に関し、看護ケアの向上に役立つ課題に取り組み、感染看護の知識・技術に貢献しうる研究論文を作成できるよう教授する。
 感染看護学演習において明確にした課題のうち一つを取り上げ、研究として発展できるよう教授する。
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.現状における感染看護の改善・向上に役立つような研究の視点を説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 2.感染看護の質向上に役立つと考えられる課題を研究計画に基づき調査・実験し、その成果から研究論文を作成し、効果的なプレゼンテーションができる。
 (態度・志向性)
 3.感染看護の質向上に役立つと考えらえる課題を研究として発展させ、倫理的配慮を踏まえた研究計画を作成し実施できる。
【授業内容】
 1.研究計画書の作成
   1)研究目的の明確化
   2)文献レビュー
   3)研究の意義の明確化
   4)研究方法の選択
   5)データ分析方法の決定
 2.研究倫理審査申請書の作成
 3.研究計画に基づいた研究の実施
 4.データ分析
 5.論文作成
 6.発表
 
【教育方法】
 研究課題の選定、研究計画の作成、研究の実施、論文作成、口頭発表を行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
 特定課題論文の作成 (80%)
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 研究過程の取り組みや参加姿勢 (10%)
 (態度・志向性)
 感染看護実践の質向上につながる研究課題とその成果 (10%)
 
【必携図書】
 広く国内外の図書、論文、資料等を活用する。
【参考図書】
 広く国内外の図書、論文、資料等を活用する。
【履修上の注意】
 感染看護学専門分野において履修すべき授業科目を履修済みであることが望ましい。
 本学大学院の学位論文審査の基準に基づき、審査によって総合的に評価される。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 メールアドレス 平尾:y_hirao@yamanashi-ken.ac.jp

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る