戻る

科 目 名  感染看護学特論U
担 当 者  平尾 百合子/田辺 文憲
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 感染看護の技術を開発していく視点を養うとともに無菌法の基礎および臨床における応用について教授する。
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.感染看護に必要な無菌法の基礎について説明できる。
 2.無菌法の知識を基にした感染看護における臨床応用について説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 3.無菌法の基礎的知識に基づいた臨床での感染看護の技術開発ができる。
 (態度・志向性)
 4.感染看護専門職者として高度な臨床判断を行うために必要な無菌法に関連した知識と技術について探求できる。
【授業内容】
 第1回 微生物の抵抗性と殺菌1           (田辺)
 第2回 微生物の抵抗性と殺菌2           (田辺)
 第3回 発育阻止試験と殺菌試験1          (田辺)
 第4回 発育阻止試験と殺菌試験2          (田辺)
 第5回 消毒・滅菌の基礎1             (田辺)
 第6回 消毒・滅菌の基礎2             (田辺)
 第7回 無菌操作の基礎               (田辺)
 第8回 臨床における滅菌方法            (平尾)
 第9回 臨床における消毒方法            (平尾)
 第10回 臨床における無菌操作の原理と評価1     (平尾)
 第11回 臨床における無菌操作の原理と評価2     (平尾)
 第12回 臨床における無菌操作の原理と評価3     (平尾)
 第13回 手指衛生方法と評価1            (平尾)
 第14回 手指衛生方法と評価2            (平尾)
 第15回 手指衛生方法と評価3            (平尾)
 
【教育方法】
 主にPower-pointや文献資料を用いて講義形式で進める。
 微生物学実験やプレゼンテーション、ディスカッション等によるアクティブラーニングで展開する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 プレゼンテーション・資料作成(30%)
 
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業への参加態度(30%)
 (態度・志向性)
 課題レポートの提出(40%)
【必携図書】
 必要に応じ随時提示する。
【参考図書】
 必要に応じ随時提示する。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 質問がある場合は、以下へ連絡してください。
 メールアドレス  平尾:y_hirao@yamanashi-ken.ac.jp
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る